金子侑司(西武)とミタパンの破局理由は浮気癖!?現在の彼女や気になる年棒を調査!

スポンサーリンク

2019年12月28日の土曜日、テレビ番組「ジョブチューン」では「プロ野球ぶっちゃけ祭り!」を放送します。

そこには10球団14名の現役プロ選手が集合しますが、西武の金子侑司さんも出演されます。

今回は、スピードスターとして人気の金子選手について紹介していきましょう。

金子侑司のプロフィールは?年棒は?

名前は金子侑司(かねこ・ゆうじ)、1990年4月24日うまれ、京都府出身です。身長179cm体重77kg、右投げ両打の外野選手ですね。

彼は入団した2013年から2017年までは背番号2番でしたが、2018年からは8番にかわりました。2020年には背番号を7番に変更することが発表されています。

 

2016年には盗塁王のタイトルをとった、スピードスターとしても有名です。

鼻筋が通ったイケメンで、彼が入団時にはライオンズの事務所に2箱分のファンレターが届いたそうです。

 

またお洒落としても有名な選手で、髪型はいつでも完璧、チームメイトの私服に点数をつけることもあるのだとか。

現在の年俸は、推定5000万円といわれています。打撃が弱いので、それをしっかりと詰めることができれば年俸はもっと上がるのではないか、とファンの間では話されているようです。

金子侑司の学歴や経歴は?

金子選手は京都府左京区出身です。

小学生の頃から野球を始めていましたが、ラグビーも並行してやっていたそうです。中学では野球と共にバレーもしていました。

 

高校は立命館宇治にすすみ、遊撃手としてプレーしています。その後立命館大学へ進学し、産業社会学部に在籍大学3年生の時には第38回日米大学野球選手権大会の日本代表に選ばれています。

2012年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議では、埼玉西武ライオンズに3巡目で指名され、契約金5000万円、年俸1200万円で合意して入団しました。

 

2019年には自己最高の133試合に出場、41盗塁を記録し、2度目の最多盗塁のタイトルを獲得しています。

スポンサーリンク

金子侑司に彼女は?

過去にはフジテレビのアナウンサー、三田友梨佳さんと交際が報じられていて、本人もそれを認めています。

彼女とは破局していますが、それ以来彼女の噂は出ていません。

 

しかしイケメンですし実際とてもモテる人らしいので、報道されていないだけで彼女はいるのではないでしょうか。SNSでは彼女の存在は認められませんでした。

金子侑司の元カノはミタパン?出会いや破局理由は?

前述の通り、金子さんは三田友梨佳さん、通称ミタパンと付き合っていました。4年ほどの交際でしたが、ゴールインには至らず破局しています。

出会いの経緯はわかりませんでしたが、野球選手と女子アナのカップルは多いですよね。恐らく仕事関係での出会いがあったと思われます。

 

何度も別れと復縁を繰り返した、と言われていますが、その理由として金子選手がイケメンで大変モテるための浮気癖があること、さらにミタパンのお父さんが金子選手との結婚に反対したという話が出ています。

 

金子選手の成績が安定しないことも結婚を反対された要因だ、と言われています。

野球選手は年俸制ですし、年齢がいくと続けられない職業ですから、娘を持つ父親としては受け入れられなかったのかもしれませんね。

まとめ

西部ライオンズが誇る盗塁王、金子侑司選手が12月28日の「ジョブチューン」に出演します。

彼はアナウンサーのミタパンと熱愛報道がありそれも認めていましたが、現在は破局し、特定の彼女がいるという話は出ていません。

イケメンで有名な金子選手ですが、彼のぶっちゃけトークが気になる方は、是非番組をご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です