瞑想の4つの最強効果や方法をご紹介!DaiGo監修の瞑想アプリが凄かった

瞑想の4つの最強効果や方法をご紹介!DaiGo監修の瞑想アプリが凄かった

スポンサーリンク

日々生きていると些細なことでストレスが溜まってしまいますよね(T ^ T)

ストレスやネガティブな感情に惑わされなくなり心身のバランスが整う瞑想。毎日取り入れてみると驚きの変化が!瞑想の4つの最強効果や方法をご紹介します!

瞑想とは?

目を閉じて、自分自身を見つめ直したり、精神統一をしたりすることが瞑想といいます。
瞑想をすることで、自分自身に芽生えている不安やストレスを客観的に見ることができます。

健康の向上や心理的治療、自己成長、自己向上など、様々な瞑想が行われています。Google社やFacebook社などの世界中の企業で瞑想プログラムを取り入れられています。

瞑想の効果とは?

瞑想には様々な効果がありますので一部ですが紹介していきたいと思います(^^♪

1 ポジティブ思考になれる

自律神経に乱れにより、不安な気持ちなどが高まります。
瞑想をすることで、不安な気持ちを緩和する副交感神経が優位になり
ポジティブな思考へとサポートしてくれます。

2 ストレス軽減

瞑想をすることで、心拍数上昇、血圧上昇、呼吸が浅く速くなる、ストレスホルモン生成、発汗、免疫システム低下、血小板凝固などの身体的なストレスが軽減することが計測されています。
また、血液がサラサラになることもわかっているんだそうです。

3 集中力アップ

瞑想をすることで、頭のなかがスッキリした感覚を得ることができます
瞑想後の日常で「いまやるべきこと」以外のことに注意がそれたとしても、すぐに意識を戻せるようになるそうです。

4 安心感アップ

仕事、家族、お金、人間関係、健康などの不安は誰もが抱いていますよね。
瞑想することでリラックスし、「すべてはうまくいっている」という感覚が得られる、不安や心配事と無縁になるそうです。

瞑想のやり方とは?

静かなリラックスできる場所で姿勢を真っ直ぐに背筋を伸ばして座る。
目を閉じ、自分の呼吸に意識を向ける。

この方法で、一般的な瞑想を行うことができます。
文字にすると簡単に思えますが、慣れるまではは無心になり自分の呼吸に意識を向けることが難しいんです( ;∀;)
瞑想をやり続けることでコツを掴んできますよ♪

瞑想する時間は、人によってさまざまですが初心者なら5分~10分程度が良いと思います。
張り切りすぎても途中で集中力が切れてしまうので...(笑)

スポンサーリンク

メンタリストDaiGo監修の瞑想アプリ

メンタリストDaiGoさんが監修した瞑想アプリがあるのはご存知でしょうか。
「メントレ(メンタルトレーニング)」というアプリで、瞑想が手軽にできる手助けをしてくれるんです(^_-)-☆

瞑想時間の長さの設定が1分~最長60分までできるので、初心者の人も本格的に取り組みたい人でも使える瞑想アプリです。

「メントレ(メンタルトレーニング)」には、呼吸瞑想とボディスキャン瞑想の2種類の瞑想方法があります。

呼吸瞑想

ストレス軽減目的や、集中力の向上に期待できます。
自分がリラックスできる体制になり、スマホのカメラに指先を当て
自身の深呼吸に意識を向けます。

アプリが指先の血管の動きを読み取り、瞑想中のリラックス度を測ります。
アラームが鳴って瞑想が終了すると、カメラで撮った情報をもとにグラフとリラックス度がパーセンテージで表されます。

ボディスキャン瞑想

一般的な瞑想は呼吸を意識しますが、呼吸だけでなく
アプリの音声アナウンスに従い体の部位に意識を持っていく方法
になります。
部位ごとにアナウンスのガイドがあるので、簡単にボディスキャンができます。

意識する部位を切り替えることで、普段の生活でも集中力が切れてから集中状態に戻りやすくなる効果が得られます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、瞑想について書いていきました。
瞑想を行うことで様々な効果を得られることがわかりましたね♪
空いた時間に瞑想をするということを習慣化すると、
ストレスやネガティブな感情に惑わされなくなり心身のバランスが整いますよ。
あなたも是非試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です