映画【アバウト・タイム~愛おしい時間について~】あらすじネタバレあり感想 心温まる家族愛映画

映画【アバウト・タイム~愛おしい時間について~】    あらすじネタバレあり感想 心温まる家族愛映画

スポンサーリンク

映画 アバウト・タイム~愛おしい時間について~ コテコテの恋愛ラブストーリーかと思いきや、家族愛の詰まった、毎日が愛おしく思える。そんな映画でした!

・映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」とは?主なキャスト・スタッフ

映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」は、2013年のイギリスのSF恋愛映画です。

主人公ティムは21歳を迎えると自分にタイムトラベル能力があることに気付き、その能力をつかって自分の過去を変えていくことで、自分にとってなにが大切かを再確認していく物語です。

監督のリチャード・カーティスは「Mr.ビーン」「ブリジッド・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュリ―」「パイレーツ・ロック」などで有名で、この作品を最後に監督を引退すると本人が表明しています。

【キャスト】

ティム役:ドナール・グリーソン

メアリー役:レイチェル・マクアダムス

ティムの父親役:ビル・ナイ

ハリー役:トム・ホランダー

シャーロット役:マーゴット・ロビー

ティムの母親役:リンゼイ・ダンカン

【スタッフ】

脚本 監督 製作総指揮 リチャード・カーティス

製作 ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー

製作 ニッキー・ケンティッシュ

製作総指揮 ライザ・チェイシン

製作総指揮 アメリア・グレンジャー

音楽 ニック・レアード=クロウズ

衣装 ヴェリティ・ホークス

編集 マーク・デイ

美術監督 ジョン・ポール・ケリー

撮影監督 ジョン・ガレセリアン

・あらすじ

ティムは21歳になったとき、父から一族の男にはタイムトラベル能力があると告げられます。ただし自分の過去にしかいくことはできないと言われ、ティムは恋愛のためにその能力を使おうと思います。

その夏、夏休みを過ごしに妹のキットカットの友達のシャーロットが遊びにきており、そこでティムは恋をします。

最後の日に告白するが、「最後の日まで待つべきじゃなかった」と言われ、タイムトラベルで戻り夏休みの途中で告白する。

しかしながら「最後の日まで待ってほしい」と言われ、ティムは時をさかのぼっても愛を変えることはできないことを知ります。

夏が過ぎ、ティムはロンドンへ移り住みます。そこでチャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちます。ところが、タイムトラベルを使って過去を変えると、その時あった良いできごとと引き換えに変わってしまうことになり、メアリーと出会っていない過去になってしまいます。

何度かタイムトラベルでなんとかメアリーと再会しますが、タイムトラベルは何かを得るためには何かを失うことにティムは気付いていきます。

・ネタバレあり あらすじ

シャーロットと幸せな生活を日々を送っているかと思いきや、妹のキットカットが交通事故を起こします。そこでティムはタイムトラベルして助けますが、助けた世界ではまた別の世界になってしまいます。

キットカットの子どもも前の世界とは別の子どもになっていました。

父親は「自然の原理には逆らえない」といいます。なのでティムはキットカットを助けるためにはタイムトラベルに頼らず、自分たちだけで妹の心を助けることに決めます。

ティムとメアリーのおかげでキットカットは元気になり、心から愛せる男性と出会えます。

すると、今度はティムの父親にガンがみつかります。ティムの父親は死を受け入れます。父は最後ティムに

毎日を二度楽しめ、最初は普通に過ごし、二度目も普通に過ごせ

と伝えます。父は亡くなり、ティムはタイムトラベルで昔の父に会いにいくようになります。

メアリーが3人目の子どもが欲しいと告げられます。しかし新しい子どもが産まれたら、もう二度と過去に戻って父に合うことはできなくなってしまうので、ティムは躊躇するが、父の望は過去よりも未来だと感じたティムは3人目に同意します。

ティムの父親はタイムトラベルをして、すべてがいいことばかりではないことを伝え、あえなくなってもティムの心いつもいることを伝えます。

ティムは3人目の子どもを授かり、メアリーと子ども達と幸せに暮らし、何気ない大切な日々を過ごしていくのでした。

・感想と口コミ

【感想】

タイムトラベルで過去に戻ることによって、良いことばかりではなく悪いことも起きてしまうこと。それを、避けられないことによって、タイムトラベルは過去を変えるものではなく「何気ない1日、日常をもう一度楽しむ」と言った父が偉大だなと感じました。

結局過去を変えようとするのではなく、今を大事にすることができれば過去に戻り、悔い改める必要もないということですね〜 現実は過去に戻りたくても戻れませんが、悔いなく1日を過ごす事を再度確認できました。

また作品のイメージとして恋愛の内容のイメージが強いように感じたが、実際は人生についてや家族についてのイメージの内容であるように思えました。女の子が好きそうな映画だと思っていましが、そんな事ないです!

【口コミ】

「何回見ても感動できる映画」

「うまくいきすぎているのが逆にいい」

「恋愛映画ではなく、家族愛の映画なのがとてもよかった」

「ハッピーな気持ちになれた」

「昔にさかのぼるシーンで涙」

「親にも恥ずかしがらず、ありがとうを言えるようになりたい」

・まとめ

タイムトラベルを通して今が大事だと再認識するティムをみて、観た側からしても今が大事という自分の視点を振り返り、現実的にはタイムトラベルできない訳で、、、観た人は今をもっと大切に、家族を大切にしようと思えるような温かい作品だなと感じました!

しかしながら普通に過ごしているとそんな毎日の何気ない日常の幸せをかみしめることは難しいとおもいます。

なのでそのことを再確認したい人や、実感したい人は是非この作品をみてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です