『俺のスカート、どこ行った?』第7話のあらすじネタバレと感想・明智の退学届を撤回させろ!

『俺のスカート、どこ行った?』第7話のあらすじネタバレと感想・明智の退学届を撤回させろ!

スポンサーリンク

『俺のスカート、どこ行った?』第7話のあらすじネタバレと感想・考察 明智の退学届を撤回させろ!

https://twitter.com/oresuka_ntv/status/1135143604144336896

前話のラストで明智が提出した“退学届”に、2年3組のクラスメートは動揺を隠せません。「明智は本当に退学してしまうのか?」「家庭環境に問題があるのでは?」という憶測のなか、クラスは一丸となって明智の退学をやめさせようとしますが…。

【『俺のスカート、どこ行った?』】第7話のあらすじネタバレ

明智の退学問題に関する家庭の事情

前話のラストで退学届を出した明智(長瀬 廉)は、そのまま登校しなくなくなりました。

2年3組のクラスメートが生活指導の長井(松下奈緒)の机の上に「退学届」があったと言いふらし、クラス中に知れる事となります。

豪林館学園高校の寺尾校長(いとうせいこう)と長井、担任の原田のぶお(古田新太)の3人が揃った校長室に呼び出された明智は、退学の理由を問い正されます。

明智は「俺が『やめたい』って届を出してるんだから、それを処理すればいいんじゃね?」と言って部屋を出ていこうとしました。

校長は、「理由も聞かないで『はい、そうですか』とやめさせるわけにはいきません。保護者から事情も聞かないと」と言って、すぐにはやめさせんでした。

「結構、骨があるな」という感じの対応でしたね。

「あいつ(父)は来ないよ」

明智は呟くと帰って行きました。

実は明智は学校にも無届けでひとり暮らしをしているのです。

その理由は脱税を告発されて荒んだ生活をしていた父・純一(板尾創路)のDVによるもの。対象は母と明智で、そんな生活から脱するために母が先に家を出ていったのでした。

その際に200万円の現金を明智に渡して「これで、家を出なさい。あとで迎えに行くから」とまとまった金を純一には内緒で置いていったのでした。

その200万円の現金の存在を嗅ぎつけた純一が、明智の前に現れたのです。

そのうえ、

「あの金はもともと俺の金だ。200万、返してもらおうか」

部屋を借りたり、学校に通ったりで丸々残っているわけはありません。「返せないなら、働いて返せ!」と迫った純一は明智の働き口を探して、そこで働かせていたのでした。

まだ退学届が受理されていないのに、明智が学校を休んでいるのはそのためだったのです!

決着はボクシングで!

詳しい事情を家庭訪問をしてきた長井から聞いた原田は、教え子のためにひと肌脱ぐ事にします。明智がサッカーを辞めた本当の理由を知った東条(道枝駿佑)は、「あやまりたい」と、いじめられていた若林(長尾謙杜)は「あやまってくれれば、そのあと考える」と言い、明智の救済に手を貸す事に。

原田はオネェットワーク(オネェのネットワーク)で明智の居所を探し当てて、その物流倉庫に東条と若林、副担任の田中(桐山 漣)を派遣、自分は純一を探しに出かけて行きます。

「お前のオヤジは預かった!」と誘拐まがいのおかしな電話で明智を誘い出した原田は、特設ボクシングリングで2人を対決させました。勝負に純一が勝ったら200万円、明智が勝てばこのまま学校に残る、という賭けの元に行われます。原田の命令で2年3組の生徒も全員集まっていました。

「これはスポーツだから」とレフェリーを務める原田は念を押しますが、「どちらかが立てなくなるまでやる」と、普通の3ノックダウン制ルールとは異なっていました(笑)。

この試合で明智は、一切手を出さずに父・純一からサンドバッグ状態に殴られ続けていました。「どうした、手を出せよ!」と東条は叫びましたが、明智にその気はないようです。

「ここで手を出したら、俺はアイツと同じになる。殴られるって、こういう気持ちなんだな。若林、今まで殴ってきてゴメン」。

明智は殴られる側の痛みを初めて理解したようです

勝負は原田の判定で「引き分け」でした。

ここで、なぜか相手を変えて2回戦が始まります。今度は原田対純一です。

「かかって来やがれ、ド3流オヤジ!」

「上等だよ、ゲイ野郎!!」。

この試合は、さっきまでとは打って変わった乱打戦でした。最後は、ジャンプしてのスピン・アッパーで原田の勝利です。

明智の教育もコブシで!?

それでも明智は学校をやめると言います。

「どうせ、みんな裏切るから」「頼って生きたくはない」と。

その明智に原田は「殴ってこい!」と挑発。「裏切られた分だけ殴ってこい!」純一戦とは違い、原田にパンチがヒットします。

原田はフラフラになりながら「私が気絶したらその隙に学校をやめなさい」。

そう言いながら原田は、何度も立ち上がりました。

「頼るのが嫌だなんて生意気言ってんじゃないわよ!」

「嘘をつかない大人だっているということを教えてるのよ!!」

原田流の教育論が爆発しました!!。

そして、よく見ると原田を殴った明智の手が震えています。

「こんなに手が震えてるなんて、お前は父親と一緒じゃない」

そう言いながら原田は、「もっと頼ってもいいんだぞ」と明智に言い放ちます。

「のぶおには頼らないけどな」

初めて「のぶお」と呼んだ明智は、この瞬間に本当の意味でクラスの一員になれたようです。

【『俺のスカート、どこ行った?』】第7話の感想・考察

“スポ根のノリになっていたのが、少々気になった”のですが、学園モノならばそれも定番ですから“良し”としなければいけませんよね!?

ただ、どうしてもボクシングのシーンが気になってしまうんですよ。もう少し「作り込んで」くれれば、もっと感動したのになぁ、というのが正直なところです。

あとは荒井良々が怪談を話すシーンがありましたが、〇〇系というように怪談にも系統があるという話は面白かったですね。次の回の「お化け屋敷」の伏線にもなっているようだし、その〇〇系話の使い方には関心しました。

【『俺のスカート、どこ行った?』】第7話のまとめ

明智父子の話しを軸に「感動巨編w」に持っていった手法は、オーソドックスですが良かったと思います。ラストに明智が、イエローのサングラスを父親に返そうとしたものの、それを不要とされて「面倒くさいな」と現代語を使う事によって古臭さに蓋をしたのもいい感じでした。

さて、次回はいよいよ原田の体調面へ話しが及びそうですね。そう考えると、今話は一大転機な回だったんですね。何気に重要な回でした。血を吐いた原田は果たして?

来週はラストへ向けての、大きな流れがあるみたいで楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です