ラランドニシダ(おもしろ荘2020出演)のプロフィールは?相方さーやは恋人?

スポンサーリンク

2019年のM-1グランプリで唯一のアマチュアコンビとして出場、何と準決勝まで勝ち進んだのが「ラランド」です。

彼らは毎年若手芸人ブレークの場として有名な番組、ぐるぐるナインティナインの年末年始企画「おもしろ荘」に出演も決定しています。

では、注目のお笑いコンビラランドの男性、「先輩・ニシダ」さんについて紹介していきましょう。

ラランドとは?経歴は?同期は?

ラランドとは、東京出身女性の「後輩・さーや」と山口出身男性の「先輩・ニシダ」の同級生コンビです。

2014年に結成され、男性のニシダがつっこみ、女性のさーやがボケを担当しています。

 

2人は大学の同級生であり、ともにお笑いサークルに所属して数々の学生漫才大会に出演していました。学生お笑いライブでは1位をとったこともありますね。

 

そしてアマチュアでありながら、何とM-1グランプリにも複数回出場しています。2016年、2017年と2回戦に進出、残念ながら2018年は欠席しましたが、2019年は準決勝まで勝ち上がって注目を浴びました。

 

コンビ名の「ラランド」は、フランスの天文学者であるジェローム・ラランドからとったそうです。

アマチュアコンビで活動しており、正式には同期の芸人はいませんが、2014年に結成ではオズワルドなどがいます。

ニシダのプロフィールは?年齢は?

ニシダさんの本名は西田亘輝さん、1994年7月2日生まれで山口県出身です。現在25歳ですね。大学入学のために上京しました。

相方のさーやさんとは上智大学で同期だったそうですが、彼はまだ学生です。

 

元々地下系のお笑いライブに通うほどお笑い好きだったようですが、中学の文化祭で漫才のステージにたったことで自分もお笑いのプロになりたいと思ったそうです。

スポンサーリンク

ニシダの学歴や経歴は?

ニシダさんは、上智大学の外国語学部イスパニア語学科、2019年現在3年生です。といっても上智大学に通うのは実は2回目で、1回目はさーやさんと同じとき、そして一度単位不足で退学となり、もう一回入り直したそうです。

 

かなり学費がかかる息子ですね・・・。笑

 

高校卒業後は本当は吉本の養成所に行こうと考えていたようですね。しかし親から大学には入った方がいい、と諭され、上智大学に入学、学内のお笑いサークルSCSに入ってさーやさんと出会いました。

 

ラランドとして芸人活動をしていることは親には内緒だったそうですが、M-1に出演したことで「親バレ」したそうですよ。

びっくりしたでしょうね、テレビつけたら息子がいるとは・・・!!

 

2020年には単独ライブの予定もあり、現在のところチケットは完売となっているようです。

相方との出会いは?

相方で可愛いと評判の「後輩・さーや」さんは、同じ上智大学の1年生で出会いました。最初にいった新歓コンパが「アカペラサークル」だったそうですが、そこにいたのがさーやさんだったそうです。

キラキラする先輩たちの中で、ひたすら浮きまくっていた2人だったそうで、さーやさんからお笑いサークルもあるから観に行こうと誘われ、2人でいって加入したのでした。

ニシダに恋人は?

ニシダさんには恋人の噂はありません。何より2回目の学生であり、以前退学になった理由の必修科目がまた取れなさそうとのことで今は漫才以外の時間は勉強に必死なのでしょう。

恐らく、恋人を作っている時間はないと思われます。

 

また、男女のコンビということでさーやさんと恋人なのか?という質問を受けるそうですが、2人ともきっぱりと否定しています。

恋愛はネタとしても勘弁、ということで、漫才のネタにもしませんと述べていますね。ただのビジネスパートナーだと断言していました。

まとめ

M-1にアマチュアながら出演し、良い成績をおさめ、かなり人気となっているお笑いコンビの「ラランド」が、現在注目を浴びています。

つっこみ担当のニシダさんは山口県出身で、現在2回目の大学生です。相方のさーやさんは昼間は会社員ですので、彼らが活動するのは夜か週末だけ、しかし2020年には単独ライブが予定されており、そのチケットは完売だそうです。

2020年の最初のお笑い番組である「おもしろ荘」への出演も決まっていますので、来年は一気にブレイクするかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です