西町崇容疑者の経歴や学歴がエリートすぎた、前職の退社理由や顔写真は?マックで7億円横領!

西町崇容疑者マックで7億円横領!経歴や学歴がエリートすぎた、前職の退社理由や顔写真SNSは?

スポンサーリンク

エリートコースまっしぐらだった男はFXで大金を溶かし、転職先で横領を行っていました。

 

株やFXはリスクがつきもので日本人は嫌がる人も多いですが、資産形成においては一般的なもので欧米では当たり前のツールとして人気です。しかし今回は、そんなFXで人生が狂ってしまい、横領罪で逮捕された西町崇容疑者について紹介していきます。

事件の詳細は?

勤務先のマクドナルドから約7億円を横領したとして、警視庁に10月24日に逮捕されたのは、財務税務IR部統括マネージャーの西町崇容疑者38歳でした。

かれは預金口座の管理などを担当していて、今年1月から9月にかけて50回ほど会社の当座預金口座から小切手を振り出し銀行で換金、総額で7億円もの横領が発見されました。

 

銀行閉店の時間にも関わらず小切手を繰り出していたことで同僚が怪しみ、発覚しています。本人はFX投資に使ったと供述をしているところです。

西町崇の経歴や学歴は?

西町崇容疑者は、絵に描いたようなエリートコースを進む男性でした。

1981年生まれ、福岡県出身で、名門である福岡高校を卒業後に一橋大学経済学部に進学、陸上部では短距離で活躍し、200メートルの一橋大レコードを保持しています。

 

就職活動で一度三井物産に内定をもらったにもかかわらず、単位が足りずに留年となります。しかし翌年も内定を勝ち取り、新入社員時代から高そうなネックレスをつけて社内を闊歩していたそうです。

 

この世代は就職氷河期といわれ、300社受けて内定ナシが普通だったころですので、相当なエリートだったのでしょう。

 

順風満帆に思えましたが20代後半で総合資金部の為替証券市場室へと配属、それが問題でした。

 

トイレにもいけないようなストレスの中、彼は相場にはまりこんでいき、FXに手を出します。親戚や家族、同僚たちから集めた2億円の金も溶かしてしまい、2017年に三井物産を退社、2018年には自己破産を申請しています。

スポンサーリンク

西町崇の顔写真やSNSは?

西町崇容疑者の顔写真はありませんでしたが、ニュースになった画像がありますので載せておきます。

 

本人はSNSはやっていないようです。

 

借金をして溶かし、自己破産をしたことで離婚、実家からも縁を切られたということでした。友人たちには月1万円ずつ返済をしていたそうですので、SNSどころじゃなかったかもしれませんね。

ネットの声は?

この事件に関して、ネットでは呆れた声が上がっています。

 

「短期間にこれだけの大金をくすねたんだから、間違いなく有能ではあるよね。留年してもまた内定勝ち取ってたんだし。別の方向に才能を使うべきだったね、この人」

 

「やっぱりFXはこわいよなー。プロでも2億円とかすんでしょ?ってか7億円も着服されてて気づかないマクドナルド・・・」

 

「人間の欲って怖い。20代で2000万円も稼いでいた人が、離婚・破産・横領ってすごい転げ落ち方だな」

 

「氷河期世代の勝ち組代表選手だったのに、こんなことになっちゃうのか・・・。7億円って、どうなんの?返済しなきゃなんないの?」

 

罪は罪ですが、西町容疑者が2億円あつめられること、そして7億円も横領出来たことに対する才能を褒めたり嘆いたりする人が多かったです。

個人的には7億円も使われてて気づかなかったのかな、マクドナルドと思いました。

まとめ

学生時代から順風満帆の人生を送ってきたエリート男性が、横領の罪で逮捕されました。西町崇容疑者は、マクドナルドへ転職する前は大手企業の三井物産に勤めていましたが、FXにはまり家族や同僚、親戚や知人から2億円もあつめて溶かしてしまい、退職、自己破産をしていた過去がありました。

 

彼にお金を500万かした元同僚は、民事で訴えるつもりにしているそうです。

FXにはまってしまったばかりに失業、離婚、破産を経験し、転職先で7億円もの横領をしていたことがバレた西町容疑者、人生は完全に狂ってしまいました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です