中西麻耶のプロフィールは?大分明豊高等学校を卒業!彼氏や過去の事故も調査

中西麻耶のプロフィールは?大分明豊高等学校を卒業!彼氏や過去の事故も調査

スポンサーリンク

高校時代にソフトテニス部でインターハイ・国体に出場した経験を持つも、21歳の時に事故で足をうしなって大きな挫折と失意を経験した中西麻耶さん。

しかし彼女は義足をつけ、何と連続でパラリンピックに出場しています。決して平坦でなかった道のりを、テレビ番組「情熱大陸」で明かされます。

ここではそんな中西麻耶選手について、紹介しましょう。

中西麻耶のプロフィールは?身長は?

中西麻耶選手は、パラリンピック世界選手権女子走り幅跳びで金メダルを獲得しています。

ではまず、プロフィールから紹介しましょう。

 

中西麻耶(なかにし・まや)、1985年6月3日うまれ、出身は大分県です。身長は158cm、体重50kgと公開しています。

所属は北海道ハイテクAC、ジャンルは走り幅跳びです。

 

高校まではソフトテニス部で、インターハイに出るほどの実力の持ち主でした。高校卒業後は大学にいかず建築現場に就職し、テニスの練習を続け、大分国体に備えていたそうです。

 

しかし事故にあい、周囲の反対を押し切って右足の切断を選択、それも全て大分での国体に義足でテニスをする、という目標があったからですが、義足でのテニスは難しく、彼女は幅跳びへと種目を変えます。

 

現在は義足の陸上競技選手であり、北京パラリンピック日本代表・ロンドンパラリンピック日本代表・リオデジャネイロパラリンピック日本代表を務めています。

そして、2020年の東京パラリンピックも内定しています。

中西麻耶の学歴は?過去の事故とは?

中西選手は明豊高等学校を卒業しています。この高校はスポーツ選手排出が多い学校として有名だそうです。

軟式テニスでインターハイや国体に出場する選手でしたが、2008年に地元大分で開催される「チャレンジ!おおいた国体」に出場し、引退するつもりだったそうです。

 

ですから高校卒業後はテニス練習をしつつ、肉体トレーニングのためにと塗装工を選択したので、工事現場に入っていました。ところが友人の現場を手伝っている最中、5トンもある鉄骨が崩れ落ち、右足の膝下が埋もれてしまいます。

 

大きな事故でしたが、まだ接合してゆっくり時間をかけ、リハビリをするという手もあったそうですが、彼女は切断を選択、理由はなんとしても軟式テニスの国体に出たいという思いからでした。

 

切断し、義足をはめましたが、思うようにテニスが出来ず、結果としてはテニスを断念することになります。しかしその後「義足の神様」と呼ばれる男性と出会い、陸上へと情熱をうつしていきます。

スポンサーリンク

中西麻耶は結婚してる?彼氏は?

中西麻耶さんが現在結婚されているかどうかの情報はありませんでしたが、練習に非常に忙しくしているようなので、独身ではないか、と推測されています。

彼女のSNSには「娘」という投稿がありますが、うつっているのは綺麗な黒い犬でした。

連続でパラリンピックに出場していますし、結婚はしていないと思われます。彼氏の情報もありませんでした。

中西麻耶の出演ドラマとは?

中西選手は2017年にドラマに出演しています。それはTBS系「陸王」の第3話に雑誌社の記者役で出演しました。

陸上をテーマに描いたドラマに出たことで、彼女は喜んだそうです。

 

ちなみに中西選手は著書もあり、2014年には「ラスト・ワン」をいう本を書いて出版しています。


まとめ

 

21歳の時に仕事中に不幸な事故にあい、右足を切断することになったパラリンピック陸上選手の中西麻耶選手は、東京パラリンピックにも内定が決まっています。

元はテニス選手だったのを陸上選手となったのは、不幸な事故による結果でしたが、そのおかげで金メダル保有者ともなっています。

彼女の軌跡をたどりたい方は、番組「情熱大陸」をご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です