沢尻エリカ逮捕、映画人間失格のレンタルはどうなる?大河代役は誰?

沢尻エリカ逮捕、映画人間失格のレンタルはどうなる?大河代役は誰?

スポンサーリンク

女優の沢尻エリカさんが、合成麻薬であるMDMAを所持していたとして、警察に逮捕されました。本人も認めているというニュースが流れ、世間では驚きの声が上がっています。

 

では、このニュースについて詳細を紹介していきましょう。

沢尻エリカが逮捕

数々の映画やドラマに出演し、その演技力と類まれなる美貌とで大人気の女優、沢尻エリカさんが、東京都内の自宅で合成麻薬MDMAを所持していたとして、2019年11月16日に麻薬取締法違反容疑で逮捕しました。

 

沢尻容疑者はアクセサリー入れの中に合成麻薬をカプセルに入れて持っていたとし、本人も「間違いありません」と認めているそうです。

 

沢尻エリカさんは現在、たくさんのCM契約や映画契約などがあり、人気女優だっただけに同じく麻薬容疑で逮捕されたピエール瀧さんとは比較にならないくらいに賠償金が凄いと言われています。

 

沢尻エリカの損害賠償は?

 

沢尻エリカさんは、既に6月から撮影が始まっている来年の大河ドラマ「麒麟がくる」に織田信長の正妻・濃姫役で出演が決まっていますし、柔軟剤の宣伝や求人広告のCM、現在公開中の「人間失格 太宰治と3人の女たち」もあります。

 

それらの損害賠償金は、合わせて5億円以上になると言われています。

 

特に来年からの大河ドラマでは、既に10話まで撮影が終わっているそうで、1話から登場している沢尻さんに代役が決まれば、一度壊したセットをまた立て直しての撮影し直しとなるそうで、かなりの高額となると言われています。

映画人間失格のレンタルはどうなる?

現在まだ上映されている映画については、このまま上映されるだろう、というのが概ねの推測ですが、DVD化されるかどうかはちょっと怪しい、と言われているようです。

 

何事もなければ2020年の3月や4月にはDVDで観ることが出来たと思われますが、この事件の余波でどうなるかはわからなくなってしまいました。

 

しかし、芸能人が逮捕されるとその人が出ている過去の作品もなくなってしまうことが多いため、最近では「作品に罪はないし、たくさんの人が関わって出来るのだから、作品をみれなくするのはやめるべき」という風潮になりつつあります。

 

人間失格も色彩の魔術師蜷川実花監督作品で、「大変美しい映画だった」と評判ですので、作品に罪はないから円盤化はしてくれ!というコメントが殺到しているようです。

ですので、円盤化がどうなるか、多くの人がその行方を見守っています。

スポンサーリンク

来年大河出演、代役はどうなる?

 

既に10話まで撮影されているものの、沢尻エリカさんの降板は確実でしょう。ですから、大河ドラマでは代役が入ることにあるはずです。

 

現在のところNHKからの発表はありませんが、絶世の美女で演技力も必要、そして大河ドラマのため、長期にわたる拘束が可能な女優となればさほど選択肢は多くないでしょう。

 

ネットでは菜々緒さんや蒼井優さん、北川景子さんの名前が挙がっていますが、彼女たちクラスの女優が長期にわたるスケジュールを今からあけることが出来るのか、という疑問もあります。

NHKは現在、嵐の真っただ中といった様子のはずです。

まとめ

 

大人気女優で美貌と演技力が定評の沢尻エリカさんが、2019年11月16日に麻薬取締法違反の容疑で逮捕されました。

彼女が持っていたのは一般的には「エクスタシー」と呼ばれる合成麻薬ですが、「私のもので間違いありません」と所持を認めているそうです。

 

彼女は沢山のCMやドラマ、映画に出演しているため、その賠償金額は5億円になるともいわれており、業界には激震が走っています。

折角つかんだ大河ドラマの役をこういう形で降板することになったのは、非常に残念の一言ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です