永井彰一(田園プラザ川場社長)の経歴や年収は?プレミアムヨーグルトが爆売れ!口コミは?

永井彰一(田園プラザ川場社長)の経歴や年収は?プレミアムヨーグルトが爆売れ!口コミは?

スポンサーリンク

2019年11月7日のカンブリア宮殿では、田園プラザ川場の社長、 永井彰一さんが出演されます。

今回は、永井彰一さんについて詳しくまとめていきたいと思います。

永井彰一のプロフィールは?年齢は?

https://twitter.com/arisa_change/status/966138182788984832

田園プラザ川場というのは、非常に人気のある道の駅ですが皆さんご存知ですか?

小さな村にある道の駅ですが、その小さな村では大渋滞が起こってしまうほどの人気の道の駅なのです。

こちらの社長をされている永井彰一さんのプロフィールです。

 

名前:永井彰一

生年月日: 1963年生まれ

出身地: 群馬県川場村

 

永井彰一さんは群馬県川場村が出身地で、現在は永井彰一さんが生まれ育った場所で大人気の道の駅を経営されていることがわかりました。

誕生日は確認することができませんでしたが、1963年生まれということで、 現在は55歳か56歳です。

 

なんと年間190万人もの人々が訪れる、小さな村でたくさんの人が集まる大人気の道の駅を運営されています。

永井彰一の学歴は?年収は?

永井彰一さんの出身地である群馬県川場村という場所は、元々3000人ほどの人口だった農村でした。

ではこんな場所で道の駅を大繁盛させた、永井彰一さんのこれまでの学歴が気になり調べてみました。

 

永井彰一さんは群馬県川場村で育ち、地元の学校に通われていました。

そして、法政大学法学部に入学され、 大学を卒業されてそのまま「永井酒造」に入社されています。

 

実は大学を卒業して入社した永井酒造はご実家が経営されていたのだそうで、初めは社員としてご実家でお仕事を始めました。

1999年には実家の酒屋の三代目所長になりました。

 

さらに2012年には現在の社長である永井彰一さんの弟が社長を勤めるようになり、現在はこちらの酒屋では会長職につかれています。

そして、川場村で渋滞が起こるほどの大人気を集めた田園プラザ川場という道の駅は、2007年に社長職に就かれました。

つまり5年間ほどは社長を兼任されていたのですね。

 

そんな永井彰一さん、どれだけの収入があるのか調べてみました。

まず永井彰一さんが田園プラザ川場の社長に就任した際には、こちらは赤字に転落しているなど事業の立て直しをしなければいけない時でした。

 

今ではとても賑やかになっている田園プラザかわばたですが、元々何もない場所と言われていた場所で、永井彰一さんは社長に就任してすぐ立て直しから始まりました。

社長に就任した時には、 赤字になっているのに危機感をあまり感じていない、コストを意識していない、 人として当たり前の挨拶ですがきちんとできないというような状況かだったようですよ。

 

このような中でいろいろな方面から、立て直しを始め今では働く人々も永久的に就職したいというような会社になりました。

たった1年で赤字経営から黒字を出しました。

 

収入に関しては確認することができませんでしたが、こちらでは広告などを一切使われておらず、田園プラザ川場に来られる客の口コミの力で今のような賑やかな場所に変わっています。

口コミの力だけでマスコミも駆けつけるなど、今では話題の場所となっているので、 社長に就任した頃と比べるとかなりの収入が手に入っているのではないでしょうか。

しかし、 永井彰一さんにとって収入よりも、地元愛が強いからこそ、赤字経営を立て直すことが出来たのだと思います。

田園プラザ川場とは?

気になる田園プラザ川場というのは、 一体どんな場所なのでしょうか。

現在田園プラザ川場という道の駅には、 年間で190万人以上の人々が訪れている場所で、何もない場所が時には大渋滞になってしまうなど、口コミからこの場所を訪れる方が急増しています。

 

2005年から2009年の間では、 関東の中で好きな道の駅連続1位を獲得するなど、すごく田舎の中に人が集まるようになりました。

こちらの田園プラザでは、登録されている農家の方が400人を超えており、 とれたての農産物を出荷されています。

 

さらに人気の農産物は売り切れになってしまうことも多く、1日に3回も品切れ情報を農家に流し商品をさらに出荷されているのだとか・・・

その他にもこだわりのある商品を提供されていたり、 この場所でしか飲めない・買うこともできない川場ビールも販売されています。

 

そして地元の豚肉を使ったソーセージや、本格的な窯でその場で作ってもらえるピザ、さらに出来立ての飲むヨーグルトなど、たくさんの商品が並んでいます。

その土地で取れたものや作られたもの、まだまだ沢山の商品がありますが、 びっくりするほどたくさんの商品が並べられており、一日中楽しめる場所となっているようですよ。

 

私も道の駅が大好きで、初めて見るような商品や、農家の方が作った食品などを見るのが大好きで、ぜひ行ってみたくなりました。

スポンサーリンク

プレミアムヨーグルトが爆売れ!?味や口コミは?

田園プラザ川場ではプレミアムヨーグルトが爆売れしたというのです!

 

お値段は350ℊで1800円という、ちょっとヨーグルトにしては高額な商品になっていますが、 とても濃厚な味わいに仕上げられているそうです。

瓶に詰められており、見た目もとても高級感あふれていますよ。

 

https://twitter.com/buuuuuton/status/1156173491973943297?s=20

スイーツのような口当たりで、とても高級感あるヨーグルトですね。

まるでレアチーズを食べているような気分になるそうです。

まとめ

田園プラザ川場の社長をされている永井彰一さんについてまとめてみましたがいかがでしたか?

赤字経営からわずか1年で黒字にするなど、 何もない村を活気ある場所にするために、多方面から改革をされてきた永井彰一さん。

きっと、地元愛が素晴らしいのですね。

 

今ではたくさんの方々が訪れるが大人気の道の駅になっており、時には周辺が渋滞してしまう程の人気っぷりです。

一日中楽しめる場所になっているということで、 私もぜひ行ってみたくなりました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です