14歳少女が車の死角をなくすシステム開発!少女とは!?賞金やネットの声は?

14歳少女が車の死角をなくすシステム開発!少女とは!?賞金やネットの声は?

スポンサーリンク

車の運転席に座った時に発生する死角は想像以上に広く、死角と重なった歩行者や自転車を見落としたことによる交通事故は頻繁に起きていますよね。

そんな車の死角をなくすために、14歳の少女が開発したシンプルでありながら画期的なシステムが話題となっています。

今回はそんな画期的なシステムを開発した少女について調べて行きたいと思います(^^)

14歳の少女とは?

 

名前はAlaina Gasslerさんで米国に住む14歳の少女だそうです。

Alaina Gasslerさんのその他の詳しい情報はなくわかりませんでした。

一般人ということなので名前以外の詳しい情報は公表されていないのかもしれないですね(^_^;)

交通事故を減らすシステムとは?

そんなAlaina Gasslerさんが開発したシステムは、クルマを運転する上で事故の原因にもなっているAピラーの死角に関する画期的なシステムとなっています。

 

助手席側のAピラーに取り付けられたウェブカメラが死角の映像を撮影し、運転席の上にあるサンルーフに取り付けたプロジェクターから、
リアルタイムで運転席側のAピラーに映像を投影してウェブカメラとプロジェクターを用いることで、Aピラーにて投影された映像により、まるでAピラーが透けて見えるようになるというシステムを開発されたんです!!

 

いたってシンプルなシステムですが、今までになく10代でこうした自動車技術の応用を発展させた人物は居ないですよね。

本当に素晴らしいです。

 

このシステムを市販化するためにはまだまだ改良の余地はあるとのことですが、彼女の技術力に加えて、市販車に適用できるだけのコストと事故防止の効果を高めることができるのであれば、世界に誇るべき最高でシンプルな技術ではないかと言われているそうです。

スポンサーリンク

受賞した賞金は?

今回のシステムの発明は非営利団体Society for Science&the Publicが開催する、アメリカの中学生を対象とした科学コンテストBroadcom MASTERS(数学、応用科学、技術、および注目株のエンジニアリング)における最高の賞に相当するSamueli Foundation賞に「死角の除去による自動車の安全性向上」が輝きました。

Alaina Gasslerさんは2万5000ドル(約270万円)の賞金をゲットしたんだとか!

ネットの声は?

日本のネットの声を見てみると、

“Aピラーは見たい所を的確に隠されるからこのシステムができるのが待ち遠しい”

“チャリチラが見えるようになる!”

“今まで誰も思いつかなかったのに14歳でこのシステムを思いつくのは凄い!”

 

“すごい!もっと賞金をあげてもいいレベルた。”

“思いついても実際に作り上げたのがすごいわ
3Dプリンターが家にあるとか環境に恵まれてる面を考慮してもね。”

“アルファードに装備したい
あのピラー配置はコーナーでの対向車すら隠すからな〜。”

“全ての車に装備してほしいね!!”

 

などといった声がありました!!

たしかにもっと高額な賞金でもおかしくないシステムだと思います(笑)

14歳と若い年齢なので金額が少ないのでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、14歳の少女Alaina Gasslerさんが車の死角をなくして交通事故を減らすシステムを開発して注目されているということなので簡単にまとめていきました!!

このシステムが全車備われば交通事故を減らし安全に運転することができそうですね♪

はやく普及してほしいです(^-^)

14歳という若さでこのシステムを思いつき、自作してしまうなんて本当に凄いですよね!!

彼女の今後の活躍にも期待したいと思います♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です