西野勇馬(軟骨魚ハンター)の自己記録がヤバすぎた!愛用の釣竿や学校を調査!

西野勇馬(軟骨魚ハンター)の自己記録がヤバすぎた!愛用の釣竿や学校を調査!

スポンサーリンク

今回は、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ SP」に西野 勇馬さんが

出演されるとのことなので簡単にまとめていきたいとおもいます(^^)/

西野勇馬のプロフィールは?

軟骨魚ハンター・深海魚ハンターと言われているのが西野 勇馬さんです。

軟骨魚ハンターのハンターは狩というよりは夢を追い求めるという意味を込めているんだそうですよ。

 

まずはプロフィールから紹介していきたいと思います!!

プロフィール

名前:西野 勇馬(にしの ゆうま)

生年月日:1997年12月19日

出身地:不明

身長:不明

体重:不明

血液型:不明

資格:小型船舶1級

 

あまり情報がなく生年月日ぐらいしかプロフィールがわかりませんでした(´;ω;`)

 

〇今までの主な出演経歴〇

2018年5月8日:「ぶるぺん」

2012年4月14日・2018年5月19日:Fm yokohama 「The Burn」

2019年2月26日:毎日新聞 「キャンパる・大楽人」

2019年7月23日:テレビ東京系列 「ありえへん∞世界」2時間スペシャル

 

​などに出演されていました。

西野勇馬の学校は?釣りがうますぎ?

北里大学海洋生命科学部に通われているそうです。

大学では主に魚、海について学んでいるそうで魚だけではなく、プランクトンなど海全般について学ばれているそうです。

 

ビーチコーミング部に所属されていて、部活でも潮干狩りや釣りなどをしているんだそうです。

部活を選んだ決め手も、釣りが出来るからと話されていました。

 

釣りは3歳の頃からはじめ、小学1年で国際ゲームフィッシュ協会(IGFA)主催の大会のオールタックル部門で世界記録を更新し、そこから真剣に記録を目指して釣りをするようになり現在26タイトルの世界記録、30以上の日本記録を保持されています。

 

2018年に釣り上げたホシエイはネットニュースで大きく報じられました。

なんと全長259cm、重さ126.1kgのホシエイを釣り竿一本釣り上げたんだとか!!すごいですよね( ゚Д゚)

 

 

西野勇馬の親は?

ご両親について調べましたが詳しい情報はわかりませんでした...

西野勇馬さんは親に連れられ釣りを始めたとのことなのでご両親も釣り好きなのではないでしょうか(^^♪

 

ちなみに、西野勇馬さんの父親んも記録を取っていたそうで、一緒に釣りに行った時に自分も記録を提出するようになったと話されていました。

「釣りの英才教育」を受けて育ったということがわかりました♪

スポンサーリンク

西野勇馬の愛用の釣竿は?

 

愛用されている釣り竿の名称などの詳しい情報はわかりませんでしたが、

全長259cm、重さ126.1kgのホシエイを釣りあげた釣り竿についてインタビューで

 

「餌は35cmくらいの鯖1匹がけ、竿は海外とかでも使えるような巨大魚用のロッドで、リールは大物でも大丈夫なものを使用しました。糸の太さはおおよそ56kg破断くらいのものを使用しました。」

 

と話されていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、軟骨魚ハンター・深海魚ハンター西野勇馬さんのプロフィールや愛用している釣り竿などについて書いていきました(^^)/

11月1日に放送される「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ SP」に西野勇馬さんが出演されるそうで番組内では、ドランクドラゴンの鈴木拓さんとロケに出て魚を釣られるみたいですよ♪

是非チェックしてみてくださいね!!

 

西野勇馬さんは、一生のうちで何種類の魚を釣れるかという挑戦も行っているということで現在327種を釣られたみたいです。

まだ22歳ということなのでどんどん記録を伸ばされていくのではないでしょうか。

西野勇馬さんの今後の活躍にも期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です