ホテル柳橋が客の荷物をゴミとして捨てる!電話音声や謝罪、賠償金は3万円!?

ホテル柳橋が客の荷物をゴミとして捨てる!電話音声や謝罪、賠償金は3万円!?

スポンサーリンク

事件の詳細は?

顧客が預けた荷物を勝手に開封し、ゴミだと判断して捨てたホテルがかなり炎上しています。

事件の詳細はというと、ある男性が宿泊先のホテルに荷物を預け出かけて戻ってきたら、荷物がなくなっていたんだそうです。

荷物がどこにあるか従業員に聞くと「ゴミだと思った」と言われたとのことです。

カートとダンボールを預けたそうで、キャリーカートの上に段ボールを載せ、ズレない様に養生テープで固定していたそうです。

ですが、カートはあるがダンボールがなく理由を聞くと、開けて中を見たらゴミだと思い捨ててしまったのだとか。

本当にそんなことあるの?と疑いたくなりますよね。

ありえないです。

男性はホテル側との電話のやり取りを録音されていて、

あまりの態度に録音した内容をTwitterで投稿されていました。

内容は以下の通りになります。

9月28日の電話では、「ホテルの人に(自分の荷物を)ゴミとして捨てられるというのは、ちょっと想像できないです」と伝えたそうですが、

社長は「あなたの大事な物だってことが一言入ってないわけですよ。そんな大事な物、『部屋に置いてください』とか何か言ってくれればいいじゃないですか」「人が作る物だから(壊れてもまた)作れるでしょう」

などと言われたとのことです。

10月5日の電話でも、男性が「荷物タグが貼ってあった荷物を勝手に開けて、ゴミだと思って捨てるというのがどうしても分からない」と言われたそうですが「お客様のダンボールはゴミだったんだよ、と言う人もいます」「私もやる時ありますから。『中を見ちゃおうかな』って。あります。失礼ですけど」と言われこれに対し男性は「荷物にくっつけている場合でも、ゴミだと思えば、少なくとも中身を確認することはあるし、場合によっては捨てることもあり得るのですか?」と聞くと、「あります」と言われたそうです。

捨てられてしまったという、被害男性の作った作品で、翌日に展示される予定だったそうです。

男性がTwitterで写真を投稿ていました。

スポンサーリンク

ホテルはどこ?

東京都台東区にあるホテル柳橋だということが判明しました!

★ホテル柳橋 詳細

住所:東京都台東区柳橋1丁目3-12

アクセス:浅草橋駅から徒歩2分

ホテルには謝罪と賠償を求める?いくら?

被害にあった男性は捨てられてしまったガレージキットの材料費や製作費などの領収証・資料を整理し、金額をまとめ、内容証明でホテルに請求書を送付されていて9月21日付でホテルに届いたことが確認できているそうですが、ホテル側は当初は無視していたが後日「箱を開けたことに対する謝罪金を払わせてもらいたい」として、

3万円の現金書留が送られてきたそうです。

ですが請求書の額も大幅に下回っていて納得がいかないということで男性は受け取らなかったそうです。

ネットの声は?

ネットの声を見てみると

“掃除のおばさんか誰かが、掃除中にカートごとぶつけてひっくり返して、ブツを壊しちゃったんじゃねえの?”

常態的に客の荷物を物色しているのか

”泊ったことがあり現金5万円ほど紛失した。私物を盗んだり破棄するのは違法でしょ。”

”客の荷物を勝手にあさったりするのは理解できない。意味が分からない。”

法的に裁かれるべきだ。ありえない対応。

”3万円の謝罪金ってなに?喧嘩売ってるようにしか思えない。”

などの声がありました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「ホテル柳橋」でおきた炎上騒動について書いていきました。

ホテルに預けた荷物、勝手に開封し捨てられるというのは本当に理解できないですよね。

一生懸命作られた作品ということもあり尚更心が痛いです。

騒動を公表されたことによりもう誰も「ホテル柳橋」に泊まることはないと思います。

つぶれるのも時間の問題なのではないでしょうか。

もう二度とこういったことが起こってほしくないですね。

「ホテル柳橋」には、ちゃんとした社会の対応をしてほしいものですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です