比嘉もえのプロフィールや学校はどこ?父親は元プロ野球選手の比嘉寿光だった!

比嘉もえのプロフィールや学校はどこ?父親は元プロ野球選手の比嘉寿光だった!

スポンサーリンク

10月20日日曜日、午前11時15分からミライモンスターが放送されます。

ミライモンスターは未来に羽ばたく金の卵を応援する番組で、次回の放送では全く泳げなかった女の子がアーティスティックスイミングの競技を始めてわずか2年で日本一に輝いた、比嘉もえさんに密着されます。

そこで今回は、将来の可能性を秘めている比嘉もえさんについて気になる事をまとめていきたいと思います。

比嘉もえのプロフィールは?

テレビ番組 夢キラリより

まずは比嘉もえさんのプロフィールから紹介します。

名前:比嘉もえ

生年月日:2007年?月?日

出身地:広島県

所属:AS広島

比嘉もえさんは広島県出身で、 現在アーティスティックスイミングという競技で注目を集めている選手です。

全く泳ぐことができなかった比嘉もえさんは、競技歴わずか2年という短い中日本一に輝くことができた、将来金メダル候補の選手です。

まだ小学校6年生の比嘉もえさん、全く泳ぐことができないところからスタートしわずか2年で日本一までになる成長スピード、とても将来が楽しみですね。

比嘉もえの学校は?

比嘉もえさんは、現在小学校6年生ですが、アーティスティックスイミングという競技で注目を集めているため、 練習などでとても忙しい日々を過ごされていると思います。

そんな比嘉もえさんは、小学校6年生ということで普段はどこの小学校に通っているのでしょうか?

比嘉もえさんは、普段は天満小学校という学校に通っていることがわかりました。

天満小学校は広島県広島市西区にある小学校です。

そして、アーティスティックスイミングをしている比嘉もえさん、AS広島というクラブに所属しており、そこでは片山コーチから指導をされていることがわかりました。

比嘉もえさんのコーチは、1988年に開催されたソウルオリンピックにも出場した経験の持ち主で、元オリンピック代表だったということがわかりました。

そんな元オリンピック代表のコーチ曰く、 比嘉もえさんの強さは彼女の性格に秘められているというのです。

どうやら比嘉もえさんは、できないこともできるまでやるという性格で、自分でやると決めたことは最後までできるようになるまでやり続けるのだそうです。

さらにできなくても諦めないというメンタルの強さの持ち主で、その強さが彼女を成長させる秘訣となっているようですね。

小学校に通いながらも、多い日には1日10時間以上も練習することもあるようで、学校とスイミングどちらも彼女のメンタルの強さから、頑張って続けられているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

比嘉もえの成績は?親は?

メンタルが強く、 将来有望な選手として期待されている比嘉もえさん、全く泳ぐことができなかった比嘉もえさんが、競技を始めてたった2年でジュニアチャンピオンになっています。

将来有望な選手比嘉もえさん、これまでどのような成績を残してきたのでしょうか。

2018年に行われたジュニアオリンピックカップでは、10~12歳ソロで出場し初めての優勝を飾りました。

この時、全く泳ぐことができなかった比嘉もえさんが競技を始めてたった2年で日本一に輝きました。

さらに今年2019年のジュニアオリンピックカップソロでは、昨年に引き続き堂々と2連覇を獲得しました。

2019年に行われたジュニアオリンピックカップでは、2位の選手と圧倒的な差をつけての優勝となり、ジュニアの世代では、アーティスティックスイミングの選手といえば比嘉もえさんと言われるほど代表的な選手になっています。

全く泳げなかった比嘉もえさん、わずか2年でチャンピオンになることができたのは、 親譲りの隠された才能があったからなのでしょうか?

小さな頃からスポーツを始めるとなると、ご両親からの影響も大きく受けるという場合が多いですよね。

しかし比嘉もえさんのアーティスティックスイミングの選手とは全く関係ないことがわかりました。

まず母親については、どんな人物なのか確認できませんでしたが、父親が凄い人物だとわかりました!

私は「比嘉」という名字を聞いて、沖縄に住んでいるのかな?と勝手に想像していましたが、 比嘉もえさんは広島県出身です。

なんと比嘉もえさんの父親は、 元プロ野球選手だということがわかりました。

父親はやはり沖縄県出身だったようで、「比嘉寿光」さんです。

2003年にドラフト3位で広島東洋カープに入団しており、 鳥谷敬選手や青木宣親選手がいらっしゃいました。

しかし比嘉寿光さんは、 広島東洋カープに入団して以降プロでは活躍することができなかったそうで、 2009年に引退されました。

そして現在は広島東洋カープの編成部に在籍中なんだそうですよ。

私も「カープ女子」なのですが、カープ女子の仕掛け人が比嘉もえさんの父親である元広島東洋カープ選手の比嘉寿光さんだったそうで、びっくりしました!

スポーツは親子で全く違うものをされていますが、運動神経の良さなどは父親譲りだったのかもしれませんね!

たった2年でチャンピオンに輝ける才能の持ち主で、きっと将来オリンピックを代表する選手になってくれるでしょう!

まとめ

今回はミライモンスターに出演する比嘉もえさんについて気になる事を調べてみましたがいかがでしたか?

競技を始める前は全く泳ぐことができなかった比嘉もえさん、たった2年で同世代のトップに輝いている彼女は、強いメンタルの持ち主で「 できるまでやる」と相当の努力をされたのだと思います。

その努力があったからこそ、素晴らしい成績が残せているのでしょうね。

さらに父親が元プロ野球選手ということで、父親譲りの運動能力が開花されたのかもしれません!

将来オリンピックに出場して金メダルをとるのが目標だという比嘉もえさん、きっと将来は表彰台に立っている姿を見せてくれると思います!

これからどのような成長をしていき、どんな成績を残していくのか、これからの活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です