小林真作の経歴や結婚しているの?タマリエとは!?マツコの知らない世界

小林真作の経歴や結婚しているの?卵ソムリエとは!?マツコの知らない世界

スポンサーリンク

小林真作さんって?経歴など

“料理別専用たまご”という少し変わったコンセプトの「たまご屋」三代目で、たまごソムリエをされています。

★プロフィール

名前:小林 真作(こばやし しんさく)

生年月日:1975年1月17日

出身:徳島県徳島市

★経歴

名古屋大大学院工学科研究科卒業後、大手食品メーカーで納豆などの新商品、研究製品開発を担当されていました。

2004年には、3代目となる株式会社小林ゴールドエッグ代表取締役に就任します。

ご実家が昭和38年から「小林鶏卵」として創業を始めていたようで、45年もの実績がある会社です。

日本では最多「83種類」の卵を全国1600店の飲食店やスーパーなどに卵を支援されています。

家庭用商品49種類・業務用商品27種類あり料理に合ったたまごを提供されています。

なんと小林真作さんは15年間、毎日10個のゆで卵を食べ続けたそうですよ(笑)

小林ゴールドエッグの会社概要

住所:徳島県徳島市国府町日開113番地

電話番号:088-642-6711

業種:鶏卵卸業主力商品各種パック卵 ・業務用ダンボール卵・業務用液卵

性格は?結婚・子供はいるの?

たまごは人を幸せにする力があると信じていて、たまごソムリエの名に恥じないようにと毎日たまごに触れてはたまごのことだけを考えて猛勉強されています。

かなり向上心があるかただと思います。

小林真作さんは、ご結婚されており男の子のお子さんもいらっしゃいます。

4代目の社長になる日がくるかもしれませんね!

卵ソムリエとは??

タマゴのソムリエとは、たまごについての知識を正しく理解した人々のことをいいます。

一般社団法人日本卵業協会の主催する検定に合格すると卵ソムリエになれます。

出題される問題は、「成分と栄養」「機能と調理」「養鶏」「流通」「歴史と統計」「安全安心」「表示規格」とカテゴリー分けされています。

通称『タマリエ検定』といい、タマリエには4つのランクがあります。

一ツ星タマリエ:卵に関する基礎的な知識を勉強し、理解している人。

三ツ星タマリエ:卵に関する基礎的な知識がり、周りの人に説明できる人。

五つ星タマリエ(準備中):卵に関する総合的な知識があり、卵のプロとして

認められる人。5年以上鵜卵の業務に携わっている人が対象です。

名誉タマリエ:卵の普及、学問の振興などに貢献した人。

一ツ星タマリエはWEBでもできるので挑戦してみるのもありですね!

ゆで卵の作り方をおさらい

★材料

卵:適量

鍋に沸かした熱湯:適量

★作り方

卵は冷蔵庫から出したてで、沸騰した湯にそっと一つずつ卵を入れます。

茹で上がったらすぐにお湯を捨てて、流水で水を入れ替え、しっかりと冷まして完成です。

★たまごの茹で時間

6分:すごく半熟で黄身はとろとろ、白身もやわらかいです。

7分:半熟で、黄身の外側が少し固まり、黄身の真ん中部分はとろとろの状態です。

8分:黄身の固まった部分とやわらかい部分が半々くらいの状態で黄身は切っても流れないです。

9分:黄身の中央も固まりますが、火が通りすぎていない状態です。

10分:黄身の外側はしっかり火が通り、固ゆでの白っぽい黄色になります。

11分:黄身の中央だけ少しオレンジの鮮やかさが残ります。

12分:固ゆでで、黄身は全体的に白っぽく火が通っている状態です。

卵の殻に穴をあけると殻が剥けやすくなるそうで、小林真作さんはホームページで画鋲を使って穴をあける方法を紹介されていました。

100円ショップやネットでも卵の穴あけ器が売られていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、たまごソムリエの小林真作さんについて書いていきました。

6月11日放送の「マツコの知らない世界」に出演されすぐに実践できる、失敗しなくて美味しい最強のゆで卵の作り方をご紹介されるそうですよ。

要チェックですね! これからの活躍にも期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です