若宮正子(世界最高齢女性プログラマー)の生年月日は?開発したアプリとは?

若宮正子(世界最高齢女性プログラマー)の生年月日は?開発したアプリとは?

スポンサーリンク

若宮正子とは?経歴や学歴は?

世界高齢でアプリ開発をしたのが若宮正子さんです。
アップル社のCEOティム・クックも絶賛したそうでアップル社にも招待されたんだとか。
画像の大きさや文字の大きさなどのアプリ開発者目線でのアドバイスを受けられたそうです。
すごすぎますよね( ゚Д゚)
今回は、「いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP」に若宮正子が出演されるとのことなので簡単にまとめていきたいとおもいます!!
プロフィール
名前:若宮正子(わかみや まさこ)
生年月日:不明
年齢:84歳
出身地:東京都
84歳ということなので1935年生まれだと思います(^^♪
出身高校についてはわかりませんでしたが出身地が東京都ということなので東京都の高校に通われていたのではないでしょうか。
大学について調べてみたところ高校卒業後、進学はせず東京三菱銀行へ就職をされています。
1997年に退職し、認知症の母親を介護をされ過ごされていました。
介護をしているということで外に出れず誰かと話したいということで、
パソコンならいろんな人と話すことができると思い60歳の頃にパソコンを始め、シニア向けのサイトである「メロウ倶楽部」に参加をされます。
75歳のときには、幼いころから興味があったというピアノを始められたそうです。
バイタリティーにあふれていますよね!!
したいことに年齢は関係ないというのを実感させられますね。
そして今ではシニア向けのパソコン教室も開かれています。
若宮雅子さんのパソコン教室を受講すると家族の会話についていけると好評なんだそうです。

スポンサーリンク

若宮正子の仕事は?開発したアプリとは?

退職後は母親の介護をされていたそうですが、
もともとものづくりが好きだった若宮正子さんはプログラミングの勉強を始め
82歳の時にシニア向けのゲームアプリ「hinadan」を開発されました。
82歳でアプリ開発をされるなんて驚愕ですよね( ゚Д゚)
コンセプトは”シニアでも若者に勝てるゲーム”だそうでひな人形を飾るというゲーム内容になっています。
時間制限もなく全問正解すると鼓の音が鳴るというシンプルなゲームになっていますが、
ひな人形の配置を知っておかないとクリアできないゲームとなっているので若者には難しいルールですよね(笑)
仕事についてですが、アプリ開発の他に講演会などもされているそうです。
講演会では、「たくさんの木を持っていてその木を育てることが楽しい」「私は創造的でありたい」と言われていたそうですよ。

若宮正子の年収は?

年収について調べてみると20代のアプリ開発をしている人の平均年収は400万円代という情報がでてきました。
アプリのダウンロード数にもよって得られる収益は個人差があると思いますが、
若宮正子さんの場合講演会や高齢者の生きがい作りを目指す
メロウ倶楽部幹事・NPOブロードバンドスクール協会理事という肩書もお持ちなので、憶測ですが500〜600万円以上あるのではないでしょうか( *´艸`)

若宮正子は結婚しているの?

結婚されているかについて調べてみるとそういった情報がありませんでした。
母親の介護もされているということでもしかすると独身なのかもしれませんね(^^♪
結婚をしているとなかなか自分の好きなことができる時間が限られていますし...

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、世界最高齢プログラマーである若宮正子さんについて書いていきました。
60歳という若くはない年齢でパソコンをはじめプログラミングを勉強しアプリを開発されるってすごいですよね!!
これからも活躍されること間違いないですね(^^♪
10月11日に放送される「いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP」に出演されるそうなので是非チェックしてみてくださいね~!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です