情熱大陸に出演!奥土盛久の経歴や石窯パンの口コミは?

情熱大陸に出演!奥土盛久の経歴や石窯パンの口コミは?

スポンサーリンク

奥土盛久とは?経歴や学歴は?

北海道羊蹄山のふもとで農業・パン職人をされているのが奥土盛久さんです。
なんと365日休みなしで働かれているそうですよ(°_°)
今回「情熱大陸」で奥土盛久さんが取り上げられるということなので簡単にまとめていきたいと思います!!
プロフィール
名前:奥土盛久
生年月日:1950年
年齢:69歳
出身地:兵庫県神戸市
◯経歴・学歴◯
酪農学園大学卒業後ドイツに農業研修し、ライ麦パンと出会ったのがきっかけとなり、その後3年かけて東欧をまわったそうです。
そして小学生の頃テレビで見た牛飼いに憧れ、26歳の頃牛飼いを生業とすることを目指し、
神戸から北海道のニセコ町に移り住み、20年前奥土農場石窯パン工房を開かれました。
現在妻と子供の家族4人で農場とパン工房を切り盛りされています。
奥さんの敦子さんは調理師学校出身だそうで、娘の雅代さんはかなり小さい頃からパン作りを手伝っているようです。
ライ麦・小麦を育て、手造りの石窯でパンを焼く奥戸農場のパンは絶品なんだそうです。

奥土盛久のお店はどこ?

気になるお店の情報ですが農場があるところで販売されているそうです。
〇アクセス情報〇
住所:北海道虻田郡ニセコ町字近藤421
アクセス:倶知安から左折レーン手前、真狩から、右折地点ニセコから、左折地点
Tel:TEL0136-44-1095
百貨店で催事などもされているようでした(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

お店の人気パンは?価格や口コミは?

ドイツに行ったときに食べたライ麦パンの味が忘れられなくて、何年ものあいだ試行錯誤した末に、やっと出来上がったパンだそうで、
ライ麦をはじめ20種類のパンは、奥土盛久自らが作った小麦や野菜、北海道産の材料が使わているそうでかなりこだわられています。
保存料などはいい際入っておらず、生地は12時間ゆっくり発酵させて風味をだしているそうで外側はしっかり焼け、
中はしっとり、もっちりの独特の食感なんだそうですよ( *´艸`)
人気なパンについて調べたところやはりで奥土盛久さんがこだわりぬいたライ麦パンが人気なようです。
奥土盛久さんの畑で収穫したライ麦粉を使い、レーズン、くるみ、キャラウェイシードが入っており身が詰まっていて酸味があるそうです。
レーズンくるみなどが苦手という方のためにライ麦パンのプレーンバージョンである、ライプレーンも販売されていましたよ♪
価格表〇
価格はライ麦パン:460円(税込)
かぼちゃパン:400円(税込)
黒豆パン:460円(税込)
全粒粉食パン:500円(税込)
ぶどうクルミパン:500円(税込)
とうもろこしパン:460円(税込)
店頭にはパンのほかにラスクなどもあり、自家製ベーコーンを使った石窯バーガーも注文できるそうです。
そんな奥戸農場の口コミを見てみると
”奥土農場のパン買ってきたけど、これは美味い…”
”ニセコに行ったらかならず奥土農場のパンを買うほどおいしい!!”
などの声がありました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、農業とパン職人をされている奥土盛久さんについて書いていきました(^_-)-☆
自分の力で切り開いて来た開拓者で農業とパン職人を365日休みなしで働かれているなんてすごいですよね。
こだわりにこだわった奥戸農場のライ麦パン食べてみたくなっちゃいました(笑)
10月13日放送の「情熱大陸」に出演されるそうで番組内では秋から冬の繁忙期に密着されるそうです。
「噛むほどに味が出て、それぞれに味わいが違うのは、パンも人の人生も一緒ですわ」という名言も残されていましたよ♪
是非チェックしてみてくださいね~!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です