齋藤駿(バドミントン)の身長や学校は?桃田賢斗選手の後輩だった!

スポンサーリンク

10月6日日曜日のミライモンスターでは、バトミントンの齋藤駿君が登場予定となっています。

今回は齋藤駿君について詳しく追求していきたいと思います。

齋藤駿とは?


齋藤駿君のプロフィールを紹介していきます。

名前:齋藤駿

生年月日:??? 中学2年生

出身地:福島県?

齋藤駿君は、バトミントンの世界で有名な桃田賢斗選手の後輩なのだそうです。

桃田選手は現在世界ランク1位で、その後輩である齋藤駿君は中学校2年生で世代の日本一になりました。

そして中学校最後の大会で優勝を目指しているようです。

世界ランク1位の桃田賢斗選手の後輩であるということで、将来選手としてとても期待されているということがわかりました。

スポンサーリンク

齋藤駿の学校は?身長は?


世界ランク1位の桃田賢斗選手の後輩である、齋藤駿君は現在中学校2年生です。

9月15日に開催された全日本ジュニア選手会に出場しており、ジュニア新人の部では齋藤駿君が、この大会で1ゲームも落とすことなく頂点に立ったというのです。

これまで小学校の頃から決勝に進んだことはありましたが、今回が初めての優勝だったそうで非常に喜んでいました。

普段中学生ということでどこの学校に通っているのか調べてみました。

齋藤駿君は富岡第1中学校として大会に出場されていた経歴があるので、現在2年生で、福島県にあることがわかりました。

齋藤駿君の詳しいプロフィールなどが確認できませんでしたが、現在は福島県の富岡第1中学校に通われていた経歴があるため、おそらく福島県出身だと思われます。

この時の試合の写真を見てみましたが身長が高いイメージがあり、今どれくらいの身長なのか気になったので調べてみました。

2018年に行われた全国中学校体育大会に出場していた齋藤駿君は、こちらの大会で初出場をしていることがわかりました。

その時身長172cmの長身から打ち下ろす強烈なスマッシュでたたみかけて勝利したという報道があったので、2018年時点で齋藤駿君の身長は172cmあったことがわかります。

まだ中学生ということで、もしかしたら現在はもう少し身長が高くなっている可能性がありますが、 最新の身長は確認することができませんでした。

でも中学生ですでに172cmもあるので、高身長で大人びた外見ですね。

齋藤駿の両親やコーチは?兄弟はいる?


小学生の頃から大会に出場していたということで、バドミントンは少なくとも小学生時代からやっていることがわかりました。

小学生から大会に出場していた経験もあるため、地元だけではなくいろいろな場所で行われる大会に出場していたと思います。

そのことからご両親のことも気になりますね。

ご両親についてたくさん検索してみたのですが、ご両親の詳しい情報を見つけることができませんでした。

ですがバトミントンをされている齋藤駿君、小学生の頃から様々な大会にも出場していたようなので、おそらくご両親もバトミントンを一生懸命している齋藤駿君を応援し支えてきたのだと思います。

将来有望な選手として期待されている齋藤駿君、 現在はどんなコーチの元練習をしているのでしょうか。

通われている中学校では、福島第一中学校と紹介しましたが、 最近の大会などではふたば未来学園として出場していることがわかりました。

まだ中学生ですが、もしかすると 中学生で富岡第1中学校からふたば未来学園に転校されたのかもしれません。

現在通っていると思われるふたば未来学園では、インドネシア流の練習法が取り入れられており、どんなに鋭いスマッシュも簡単に打ち返されてしまうのだそうです。

バトミントンが国技となっているインドネシア出身のコーチが、たくさんの選手に高い技術やメンタリティを注入してきたそうです。

そんなコーチの元で齋藤駿君は練習をされぐんぐんと実力をつけてきているのだと思われます。

そして兄弟について調べてみたのですが、兄弟が存在することを確認することができませんでした。

もし兄弟がいるのであれば、齋藤駿君と同じようにバトミントンをされている可能性がありますね。

まとめ


未来に羽ばたく金のタマゴを応援する番組、ミライモンスターに出演予定となっている齋藤駿君についてまとめてみましたがいかがでしたか?

まだ詳しい情報がたくさん入手出来ていませんが、世界ランク1位の桃田賢斗選手の後輩であり、中学校2年生で世代の日本一に輝いた優秀な選手だということがわかりました。

インドネシア式の本格的な練習方法を取り入れて、本場の高知からバドミントンを教わっているのだそうです。

普段どんな練習をしているのか、どんな技術を身につけているのか、 番組内で見ることができると思います。

将来有望な選手として期待されている齋藤駿君のことを知るきっかけになると思います。

是非お見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です