内藤いづみ情熱大陸出演!講演会やイベントは?経歴がすごい!

スポンサーリンク

2019年10月6日に放送される情熱大陸には、在宅ホスピス医内藤いづみさんが出演予定となっています。

今回は在宅ホスピス医内藤いづみさんについてまとめていきたいと思います。

内藤いづみとは?


まず内藤いづみさんのプロフィールから紹介します。

名前: 内藤いづみ

生年月日:1956年

出身地:山梨県

内藤いづみさんは山梨県出身で、現在は医師で評論家をされています。

内藤いづみの経歴や学歴は?


内藤いづみさんは、山梨県出身で昭和56年3月に福島県にある福島県立医大を卒業され、 東京女子医大内科に勤務されるようになりました。

そして昭和61年ごろから英国のホスピスで研修を受けるようになり、平成7年にはふじ内科クリニックを開業しました。

そして NPO 日本ホスピス・在宅ケア研修会の元理事を経て、現在はホスピス在宅ケア研究会山梨代表となっています。

内閣府のはばたく女性人材バンクメンバーに登録しており、やまなし大使に任命されています。

そして2017年度からは大正大学客員教授もされています。

そしてこれまでに著書も数多く出版されており、テレビに出演しながら様々なことを発信されていることがわかりました。

そして 賞も受賞されていることがわかりました。

平成13年10月3日:山梨ヤマト会前田晃文科省

平成15年2月: NHK 地域放送文化賞

第3回日本放送文化大賞

平成19年10月:テレビ山梨「あなたを家で看取りたい」

内藤いづみさんは、医者になったばかりの研修医の頃、積極的な治療から見放されてしまった患者さん、 孤独のまま死を迎えてしまう末期癌の患者さんのために自分が何ができるのか考えさせられたのだそうです。

そして英国ではホスピスケアがどんなものなのか学ばれました。

それから在宅ホスピスという分野で、 命は希望であるというメッセージを渡して行こうと考えたのだそうです。

命について情報を発信することで、患者さんと家族が心をひとつにして命に向かい合う場所を作られてきました。

スポンサーリンク

内藤いづみ講演会やイベントは?


内藤いづみさんは、これまでにも講演会などを実施し、色々な形で在宅ホスピスについて、命について語られてきました。

そこで内藤いづみさんの講演会やイベントの予定は今後あるのか調べてみました。

直近で二度講演会の予定があることがわかりました。

・2019年10月13日函館

日時: 2019年10月13日14時から

会場:函館厚生院看護専門学校講堂

参加費:500円

定員: 150名

事前に申し込みする必要があり、2019年10月6日まで FAX やメールなどにて申し込み可能となっています。

・2019年11月16日岩手県遠野市

日時:2019年11月16日18時から

海上: あえりあ遠野(交流ホール)

参加費:無料

定員:400名

参加費は無料ですが、 申し込みは必要で先着順となっています。

こちらは2部制に分かれており、1部では内藤いずみさんによる講演が行われます。

そして2部では内藤いづみさんと俳優の近藤正臣さんがコラボで講演を行うことになっています。

先着順ですので早めのお申込みをお勧めします。

申し込みや講演会に関するお問い合わせは遠野市社会福祉協議会にて受け付けられているようです。

TEL. 0198-62-8459
FAX0198-62-9311

こちらで申し込みやお問い合わせなどを行うようにしてください。

今のところ 、内藤いづみさんが行われる講演会はこの2ヶ所で決まっていることがわかりました。

私たちにとって、命が終わりを迎える時の状況などなかなか想像することができませんが、内藤いづみさんの講演会では、 命への向き合い方や、最後の過ごし方など考えるきっかけになると思います。

気になる方は是非一度講演会に参加されてみてはいかがでしょうか。

まとめ


内藤いづみさんが情熱大陸に出演されるということで、内藤いづみさんについてまとめてみましたがいかがでしたか?

いつかは命の終わりと向き合う日がやってくることになりますが、世間では最後を迎えるまで自宅で過ごしている患者たちは、内藤いづみさんを待っている方が大勢いらっしゃいます。

人それぞれ病状や環境など、また家族や周囲まで違いますが、その人に合ったその人のための医療を実践されている内藤いづみさん、終末期医療のあり方を今でも模索されているようです。

そして、命と向き合うためにホスピス医療をもっと知ってほしいと、全国を飛び回り講演活動も行われているということがわかりました。

今回の放送では、いのちの最後を迎えてきている患者さんとその家族を通して、死を迎える現場になぜ笑顔があるのか、実際に行われている在宅ホスピスの現場に密着されています。

どのような思いで死の現場に向き合っているのか、知ることができると思います。

是非、テレビで命や死と向き合う時間を、作ってみてはいかがでしょうか!

是非お見逃しなく!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です