野田あすかは発達障害を乗り越えながらピアニストに、両親やイベントは?

野田あすかは発達障害を乗り越えながらピアニストに、両親やイベントは?

スポンサーリンク

前回の金スマで出演した、 野田あすかさんが今話題になっています。

野田あすかさんがどんな方なのか、詳しくまとめていきたいと思います。

野田あすかとは?

名前:野田あすか

生年月日:1982年1月27日

現在宮崎県に在住

野田あすかさんは、 発達障害の自閉症スペクトラム障害を抱えている、ピアニストです。

野田あすかの経歴や学歴は?

野田あすかさんは現在宮崎県に在住されており、自閉症スペクトラム障害を抱えているピアニストをされています。

1982年に生まれたのであすかさんは、 4歳の頃から音楽教室に通うようになり、 それからピアニストを志すようになりました。

野田あすかさんが生まれたのは広島県だったそうですが、

小さな頃から周りの人とのコミュニケーションが上手に取れない事がよくあり、そのたびに異常な行動を起こすことがありました。

その異常な行動などが原因でいじめを受けたり自傷行為を行うようになり、転校された経験もあります。

小学校・中学校・ 高校はどこに通っていたのか確認することができませんでしたが、宮崎大学に憧れを持っていたそうです。

そして大学は憧れだった宮崎大学に入学しました。

しかし、大学でも人間関係によってストレスなどから過呼吸を引き起こすなど、

大学生時代は何度も倒れて入退院を繰り返すなどしていたため、 宮崎大学は中退されていました。

そしてその後宮崎学園短期大学音楽科の長期履修生となり、

この時今の恩師となる田中幸子さんという方と出会うことで、自分の心をピアノで表現することができるようになったのだそうです。

発達障害なのはいつわかったの?

野田あすかさんは、発達障害でピアニストをされているのですが、

経歴でもお話ししたように人間関係がうまくいかないことで、転校や 大学中退などがありました。

ご両親も、どうして周りの人とうまくいかないのかと、長年悩み続けてきたそうです。

実は発達障害が分かったのは大人になってからだったのだそうですよ。

ウィーンに 短期留学をした経験もあるのですが、留学中に倒れてしまい、その時初めて発達障害だと診断されたのだそうです。

この時野田あすかさんは22歳でした。

帰国後もパニックを引き起こし、自宅では2階から飛び降りてしまい、 ピアノのペダルを踏む右足を粉砕骨折してしまいました。

ピアノのペダルが踏めなくなってしまった野田あすかさん、現在は工夫をして左足で ペダルを踏んでピアノを演奏されているようですよ。

野田あすかの両親は?

野田あすかさんは幼い頃から、周囲の人とのコミュニケーションが上手にできない、異常行動や自傷行為など、ご両親もたくさん悩まれてきました。

きっとご両親も発達障害だと診断されるまで、娘の姿にたくさん悩んだり心配されてきたことだと思います。

野田あすかさんの父親は野田福徳さんで、高速道路に関わる仕事をされていました。

母親は野田恭子さんで、高校の先生をされていたようですよ。

発達障害だと分かる前は、 特に母親は娘の躾がしっかりとできていないと、周囲の方から責められることもあり、たくさん辛い思いをしていました。

22歳で初めて発達障害だという診断を受けましたが、それまでは発達障害ということが分かっておらず、

野田あすかさんの行動や言動などに対しても周囲の目はとても冷たかったようです。

さらに、22歳になって初めて発達障害だという診断を受けたことで、もっと早く気づいてあげれば良かったと自分のことも責めたみたいです。

スポンサーリンク

コンクール受賞歴は?

野田あすかさんはピアニストとしての才能を開花されてから、 様々な賞を受賞されていました。

2006年:第12回宮日音楽コンクールグランプリ・全日空ヨーロッパ賞
2017年:岩谷時子賞奨励賞
2018年:第32回人間力大賞準グランプリ・ NHK 会長奨励賞
みんなのNIPPON共生社会プロジェクト特別賞

このような賞も受賞されていることがわかりました。

コンサートの予定は?

野田あすかさんは2015年に自作曲を発表し CD に収録されており、2016年には自作曲全10曲が収録された CD ブック第二弾も出版されました。

そして2016年にリサイタルを開き、プロのピアニストとしてデビューしています 。

今のところコンサートなどの予定があるのか気になったので調べてみました。

野田あすかさんのブログで、 ソロリサイタルの決定が紹介されていたのでまとめてみます。

・2019年11月17日(日)
会場:稲城市立 iプラザホール
開演:13時30分(開場13時)
場所:東京都稲城市若葉台2丁目5-2
主催:稲城市立 i プラザ指定管理者いなぎ文化センターサービス株式会社

こちらは現在チケットの購入期間は終わっているようです。

・2019年12月22日(日)
会場:トッパンホール
開演:14時(開場11時30分
場所: 東京都文京区水道1-3-3
主催:サンライズプロモーション東京

全席指定席となっています。
入場料:一般4000円、小中高生2000円

こちらは現在チケット販売中となっており、チケットぴあで購入することができると確認できました。

予定枚数終了次第、販売は終了となりますのでお早めにチェックしてみてください。

まとめ

金スマに出演したピアニストの野田あすかさんが話題になっているので、詳しくまとめてみましたがいかがでしたか?

発達障害とわかるまでは、親子で辛い時間もたくさん過ごされていましたが、今はピアニストとして才能が開花された野田あすかさん。

当時は発達障害への理解も少なかったのかもしれませんが、これをきっかけに発達障害を理解できる世の中になってくれるといいですね。

そしてピアニストとしての才能がある 野田あすかさん、これからも素晴らしい演奏を続けてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です