工藤勇一校長の経歴や学歴は?奥さんや子供はいる?麹町中学に入学希望が殺到!

工藤勇一校長の経歴や学歴は?奥さんや子供はいる?麹町中学に入学希望が殺到!

スポンサーリンク

工藤勇一とは?

エリート進学校”麹町中学”の校長先生が工藤勇一さんです。
わずか数年で学校のシステムを変えたということで、
文部科学省が視察に訪れ、新聞各社・NHK・民放各局などがこぞって取り上げるなど、教育関係者・メディアの間で話題となっています。
今回「カンブリア宮殿」に出演されるということなので簡単にまとめていきたいとおもいます!!
★プロフィール
名前:工藤 勇一
生年月日:1960年
出身地:山形県

工藤勇一の経歴や学歴は?

大学卒業後、地元の教員や教育委員会などを経て東京都千代田区平河町に所在する公立中学校千代田区立麹町中学校長へとなられました。
2014年より学校の改革に取り組んでおられます。
東京理科大出身者は研究者の道へ進まれる方が多いですが工藤勇一さんは職員の道をお選ばれたんですね( *´艸`)
◯学歴◯
東京理科大理学部応用数学科出身
◯経歴◯
山形県中学校教諭
東京都中学校教諭
目黒区立目黒中央中学校副校長
東京都教育委員会
目黒区教育委員会
新宿区教育委員会教育指導課長
千代田区立麹町中学校長

麹町中学に入学希望が殺到?

麹町中学校では今までになかった制度があります。
〇宿題は必要なし
〇固定担任制も廃止
〇期末テストも廃止
という前代未聞の教育方針をされましたが、別に子供たちの学力低下させるようなことがなく注目されました。
固定担任制では、「1人の担任に生徒のすべてを
委ねることになる制度」と考え、全員担任制によって、文字
通り教員全員がチームを組んで、生徒にとって最適な対応が
できるようにしているようです。
宿題をなくす制度では、宿題を課された生徒は分かる範囲
には積極的に取り組みます。しかし残り2割ほどの分からない範囲はやらない。
それでも8割はできているから教員はOKを出すんです。
これで『宿題を出すというタスク』が完了したことになる。
このやり方では学力は伸びないという理由で廃止されています。
期末テスト廃止制では、ただ単にテストがなくなるのではなくて
「実力テスト」年3回から5回にし教科ごとの「単元テスト」頻度増しているそうです。
公立中学校とは思えないほどの教育改革ですよね( ゚Д゚)
この制度を取り入れたことにより以前よりも入学を希望する人が増えてきているとのことです。
ただ単に自主学習を進めるということではなく、必要なことに時間を費やしてほしいということを伝えられています。
学校では勉強をして、家では、好きな音楽を聴いたり、本を読んだり、スポーツをしたり、ぼんやりしたり。
そんな生活の中で、勉強とはまた違った大切なことに気づけると語られていました。
成果が出ると他の中学校でもこの制度が当たり前になっていくかもしれないですね♪

スポンサーリンク

工藤勇一の家族は?年収は?

家族について調べましたが詳しい情報はわかりませんでした。
結婚されていてもおかしくありませんがFacebookアカウントなども調べたところ結婚されているかどうかわかる情報がありませんでした( ;∀;)
年収についてですが、校長先生の平均年収は1150万円ということでした。
工藤勇一さんは「学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革 ―」
などの本も4冊執筆されていますし2000万円はあるのではないかとおもわれます(^^♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、工藤勇一さんについて書いていきました(^^)/
9月26日放送の「カンブリア宮殿」に出演されるということで、番組内では「教育の世界を変えるきっかけになりたい」と目論む改革の全貌に迫るとのことです。
是非チェックしてみてくださいね~!!
これからの活躍にも期待したいと思います( *´艸`)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です