鳥井一平の経歴や年収は?発言が凄すぎる!プロフェッショナル出演!

鳥井一平の経歴や年収は?妻子はいるの?プロフェッショナル出演!

スポンサーリンク

質がよいと褒められることが多いNHKのドキュメンタリー番組「仕事の流儀」では、

2019年9月17日火曜日に「外国人労働者に何が?支援の第一人者に密着」という内容が放送されます。

紹介されるのは、鳥井一平さんという男性です。彼は外国人労働者を支援するNPOの代表であり、アメリカ政府から日本人として初の「ヒーロー賞」を贈られた人です。

では、鳥井一平さんについて詳しく紹介していきましょう。

鳥井一平とは?

NPO団体「移住者と連帯する全国ネットワーク」の代表として、

日夜精力的に活動しているのが鳥井一平さんです。

鳥井一平(とりい・いっぺい)、1953年生まれで2019年現在66歳の男性です。

「移住者と連帯する全国ネットワーク」を1997年に発足し、

以来1200人以上の研修・技能実習制度のもとで働く労働者に対して支援活動を行ってきました。

その功績が認められ、彼は2013年に日本人としては初めてアメリカの国務相より

「人身売買と戦うヒーローである」として表彰、「ヒーロー賞」を贈られています。

スポンサーリンク

鳥井一平の経歴や学歴、仕事は?

https://twitter.com/usembassytokyo/status/1173882598189223937

鳥井一平さんは個人情報をほぼ公開していません。

出身地もわからないため、学歴などもわかりませんでした。

しかし経歴としては、1992年に「全統一労働組合外国人労働者分会」を結成し、

1993年の3月には「外国人春闘」を実施しています。

1997年に発足させた「移住者と連帯する全国ネットワーク」は、

2015年にはNPO法人として「特定非営利活動法人移住者と連帯する全国ネットワーク」として再出発しています。

同時に鳥井さんは理事に就任しました。

現在は変わりなく日本で働く外国人労働者の人権を守るために働きつつ、講演会などにも走り回っています。

鳥井一平は結婚している?年収は?

鳥井さんは個人情報をほとんど公表していないため、妻子がいるかどうかや年収などもわかりません。

かなり多忙に日本中を走り回っていることから考えて、

家庭はもたず独身なのではないか、と推察されますが、確かではありません。

もし家庭があるとすれば、お孫さんがいてもおかしくない年齢ではあります。

また、個人の年収も不明ですが、NPO法人の平均年収は約250万円から325万円ほどだそうです。

それに講演会などの報酬があるはずですので、5、600万円はあるのではないでしょうか。

NPOは非営利団体ですので、儲けることを目的としていません。

自分にお金をかけず、困っている人(外国人労働者)のために日夜走り回っているのでしょう。

「移住者と連帯する全国ネットワーク」は何をしている法人?

鳥井さんが代表をつとめている団体「移住者と連帯する全国ネットワーク」の主な仕事は、

外国人労働者の人権を守り、支援・救済をすることです。

現在少子化の日本は労働者が圧倒的に足りていないため、

介護業界や飲食業界などでは広く外国からの労働者を招き入れ、使っています。

しかし現場でのいじめや搾取、過酷な労働を課している会社も多く、

「奴隷化」していることが問題となっているのです。

制度・政策への提案や各地のネットワーク、情報発信、そして講師の派遣などで活動を行っています。

ネットの声

https://twitter.com/GiejIOF2020/status/1173960553292713984

まとめ

NHKのドキュメンタリー「仕事の流儀」で取り上げられる鳥井一平さんは、

NPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」の代表をつとめている方です。

現代日本とは切り離して考えることは出来ない外国人労働者の支援や救済を行っている彼は、

2013年にはアメリカで「ヒーロー賞」を受賞するなど、注目されています。

今日本で起きている外国人労働者をとりまく過酷な環境や、

非営利団体の人々の懸命な活動に興味があれば、是非視聴してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です