あの大豆が長寿の秘訣!?応用レシピや効果など ガッテン!

【ガッテン!】あの大豆が長寿の秘訣!?応用レシピや効果など

スポンサーリンク

ガッテン!で放送される、大豆についてまとめてみました!これを読めば、長寿の秘訣がわかるかも、、、!!

大豆って?種類は?

マメ科の一年草で、縄文時代にはあったとされており、古くから親しまれている食材です。

植物の中では唯一、肉と同じぐらいのタンパク質が含まれています。名前の由来は、「大いなる豆」の意味から名付けられたそうです。

大豆には、形の大きさや色によって種類があります。

大きさでは、大粒種、中粒種、小粒種に分かれています。

大粒種:煮豆

中粒種:味噌、豆腐などの加工食品。

小粒種:納豆

色では、黄大豆、青大豆、黒千石大豆、黒大豆、くらかけ大豆に分かれています。

黄大豆:一般的な大豆で、たんぱく質が多く含まれている。

青大豆:熟しても青い色をしており油分が少ない。

黒千石大豆:粒の小さく、栽培が難しいので希少。

黒大豆:ポリフェノールをたくさん含んでおり、お節料理の定番。

くらかけ大豆:ベータカロテンが多く含まれています。

大豆の栄養素や効果

栄養素の種類が豊富な大豆。未来の宇宙食としても期待されています。

たんぱく質、糖質、脂質、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸、マグネシウム、カルシウム、カリウム、イソフラボン、レシチン、リン、鉄、亜鉛、銅など

レシチンは、頭の回転をよくし、記憶力や学習能力を高める効果があります。

イソフラボンの健康作用は、多くの関心を集められています。

骨粗しょう症の予防や、更年期障害の軽減が期待でき、健康のサポートをしてくれます。

スポンサーリンク

今注目されている、大豆長寿の秘訣

大豆は、長寿にいいと言われており、注目されていることをご存知ですか?

「大豆」に含まれている、レシチンが不飽和脂肪酸がコレステロール値を下げ、血行が良くなり、動脈硬化予防や脳出血予防をしてくれます。

また、乳がんや前立腺がんを抑える働きがあります。

日本の長寿を支えているのは、「大豆」といっても過言ではありません。

大豆の食べ方やレシピ手軽摂取方

「大豆」には、カビ毒とされている、レクチン、フィチン酸、シュウ酸が反栄養素が含まれています。

この反栄養素は、発酵させることにより除去することができます。

★大豆とひじきの煮物

材料

・ ひじき :150g

・人参: 1/3本

・ちくわ: 2本

・油揚げ: 1枚

・糸こんにゃく :1袋

・大豆水煮 :1袋

・ごま油: 適量

・だし汁:1カップ

・しょうゆ :大さじ3

・砂糖 :大さじ2

・みりん:大さじ2

①人参を千切りし、ちくわ輪切りに油揚げは油抜きをしたら短冊切りします。

②お鍋にごま油を入れ大豆以外の材料を入れ軽く炒めます。

③だし汁、しょうゆ、砂糖、みりんを入れひと煮立ちさせます。

④煮立ったら大豆を入れて落し蓋をし、煮汁が8割なくなるまで中弱火で煮ます。ひじきが柔らかくなったら完成。

★大豆とベーコンのトマト煮

材料

・ホールトマト缶: 1缶

・大豆ドライパック: 150g

・たまねぎ: 1個

・厚切りブロックベーコン: 150

・オリーブオイル: 大さじ2

・塩 :小さじ2/3

・水 :1~1.5カップ

・粉チーズ :適量

・とろけるチーズ :適量

①たまねぎをみじん切りにする。ベーコンは、好きな形に厚めに切ります。

②オリーブオイルを鍋に入れベーコンを炒め、軽く炒めたら玉ねぎの一緒に炒める。

③玉ねぎが、しんなりしたら、水、ホールトマト缶、塩、大豆を加えて30分ほど煮込みます。

④粉チーズ、とろけるチーズをかけたら完成。

★大豆の甘辛揚げ

材料

・大豆の水煮: 1袋

・片栗粉:少量

・醤油: 大さじ2

・砂糖 :大さじ3

・酢 :大さじ1

①大豆の水煮は水切りをしておきます。

② ジップロックに大豆、片栗粉を入れてまぶします。

③フライパンに油を入れ中火で揚げます。

④油を少なくしてから、醤油、砂糖、酢をいれて味を調整します。とろみがでてきたら完成。

レシピを紹介しましたが、食事からの摂取が難しいという方には、サプリメントもおすすめです!サプリメントだと簡単に足りない分を補えますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「大豆」について書いていきました。

大豆は栄養バランスのとれた素晴らしい食材だということがわかりました。人生100年時代!「大豆」を食べて長寿を目指しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です