小澤詠子(常勤看護師)の経歴や学歴は?看護師になったきっかけが凄い

小澤詠子(常勤看護師)の経歴や学歴は?看護師になったきっかけが凄い

スポンサーリンク

セブンルール 小澤詠子 瀬戸内海の離島・豊島にいる唯一の常勤看護師

「セブンルール」という番組は、フジテレビ系関テレで毎週火曜日の夜11時に放送しています。内容は「今最も見たい女性の日々に密着し、彼女らが自身に課す7つのルールについて紹介」です。

2019年の9月3日放送で、瀬戸内海東部に位置する小さな島、豊島(てしま)で島に住む高齢者の方約400人の健康に寄り添うたった1人の常在看護師、小澤詠子さんに密着しています。

「ここは生き合い、死に合う島」と述べる小澤さんは、死を覚悟した人々を医療で支えるというジレンマを感じながら、日々お年寄りに献身的に寄り添います。

では、今最も見たい女性の日々、に取り上げられた看護師小澤さんとはどんな女性なのか、順番に紹介していきましょう。

小澤詠子さんとは?

小さな島、豊島は島民の約半数が65歳以上という超高齢化社会ですが、そこで唯一の常勤看護師として彼らを支えている女性が、小澤詠子さんです。

まずは、彼女のプロフィールから紹介します。

・小澤詠子(おざわうたこ)愛称はうたちゃん

・1980年生まれ、2019年現在39歳

・立命館大学経営学部卒業

・香川県高松市に在住

豊島で唯一の開業医が引退してからは、小澤さんは巡回診療所に在中する唯一の医療従事者となりました。彼女は日常の診療の他にも、お年寄りの自宅を車で毎日まわっているのです。

スポンサーリンク

小澤詠子さんの経歴や学歴は?

小澤さんは幼少時から看護婦さんになりたい、という夢を持っていたそうですが、高校2年生の時に父親が癌で他界、その時の看護師さんの言葉にショックを受け、医療分野へ進む夢をあきらめたそうです。

しかし、立命館大学経営学部で環境学を選択したことにより、産業廃棄物の調査でおとずれた豊島で看護師になるという夢が再熱します。

大学卒業後、香川県高松市の医療機関に就職しながら「小豆島准看護学院入学」、「准看護師の資格取得」「正看護師の資格取得」と次々と資格をとっていき、2015年の4月から香川県立保険医療大学大学院へ入学しています。

現在は家庭を香川県高松市で営むと共に豊島にも住宅を用意し、状況によって帰る家を選択するという生活を続けています。家族は夫と幼い娘さんが2人です。

小澤詠子さんが看護師になったきっかけは?

一度は諦めた看護師への夢を再熱させたのは、彼女が大学生の時のサークル活動での出来事でした。

当時産業廃棄物の不法投棄が大きな社会問題となっていた豊島を訪れ、彼女は豊島に強い関心を抱きます。

卒業後は香川県の医療機関に就職しますが、週末になると船で豊島に渡り、地域の勉強会などに参加していていました。

そこで目にしたのは、学生時代にお世話になってきた住民の高齢化が進むさまでした。そして、唯一の開業医が引退したこと、いずれ島の看護師が全くいなくなるという現実を聞き、自分が看護師になろうと決心したのです。

小澤詠子さんの働いている病院は?

小澤詠子さんが常在しているのは、豊島の診療所「豊島健康センター」です。2008年からは新しい診療所となり、広くてレントゲン室もあるなど設備がしっかりとしているそうです。

まとめ

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、豊島の唯一の常在医療従事者である、看護師の小澤詠子さんの活動が「セブンルール」という番組で紹介されます。

彼女は医者もいない超高齢化&過疎化した豊島で一人、島民の健康を支えているのです。

およそ800人の島民に寄り添い、命の先を見つめる看護師小澤さんの活動を知りたい、という方は是非9月3日火曜日に放送の「セブンルール」をご覧ください。

今自分に出来ることは何か、を深く考えるきっかけとなるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です