光文社(編集長)の経歴や学歴は?今泉祐二の年収とは?

光文社(編集長)の経歴や学歴は?今泉祐二の年収とは?

スポンサーリンク

9月2日に放送される人生が変わる1分間の深イイ話では、トップクラスの発行部数を誇る光文社の舞台裏に、 みやぞんが潜入したことを放送されます。

そこでは編集長に直撃し、出版社の裏側に迫っています。

そこで今回は光文社について、また編集長について詳しくまとめていきたいと思います。

光文社とは?代表的な雑誌は?

光文社は、女性向けのファッション誌が数多く発行されており、女性向けファッション誌の中ではトップクラスの発行部数を誇っています。

皆さんも知っている方が多いと思われる雑誌も数多くありますよ。

STORY

https://twitter.com/story_web/status/1167339846953623552?s=20

40代の女性向けに作られたこちらの雑誌は、 月刊雑誌となっており毎月発行されています。

大人カジュアルなどを中心に、40代向けのファッションが数多く紹介されています。

VERY

こちらも月刊雑誌です。

30代の女性向けに作られた雑誌で、30代向けのファッションが数多く紹介されています

JJ

https://twitter.com/frecam19_225/status/1165479619564228610?s=20

カジュアルやフェミニンなどのファッションを中心として紹介されており、10代後半から20代にかけて人気を集めている月刊雑誌です。

Mart

https://twitter.com/TJO_DJ/status/759365589374676993?s=20

生活や ライフスタイルに役立つ商品などがたくさん紹介されている月刊雑誌です。

30代から40代にかけて人気を集めている一冊になっているそうですよ。

このように、光文社では誰もが聞いたことがあるというような、女性向けの雑誌が数多く作られており、出版社としてトップクラスの発行部数となっているようですよ。

編集長の今泉祐二とは?

出版社としてトップクラスの発行部数を誇っている光文社ですが、 編集長を務めている今泉祐二とはどんな方なのでしょうか。

名前:今泉祐二

生年月日:1972年

出身地: 神奈川県

2003年からクラッシィの編集部に所属し、2006年から副編集長、 現在は編集長になっています。

編集長の今泉祐二の経歴や学歴は?

神奈川県出身で、どちらの中学校や高校などに通われていたのかは確認することができませんでした。

しかし早稲田大学法学部を卒業されているそうなので、中学生や高校生の頃も成績は抜群だったのでしょうね。

そのため、進学校に通われていた可能性もあります。

今泉さんは早稲田大学法学部を卒業されてから、 1996年に光文社に入社しました。

入社後は広告部に配属されていました。

2003年から「CLASSY.」という雑誌の編集部に所属し、 2006年から副編集長を務めるようになりました。

そして2010年から現在まで編集長をされています。

現在は雑誌だけではなくオンラインでも情報発信をされているそうですが、まだまだ駆け出したということで、編集長を務めるCLASSY.はどんどん進化をしていくのでしょう。

スポンサーリンク

編集長の今泉祐治の年収は?

トップクラスの発行部数を誇る光文社の、 雑誌の編集長を務めている今泉祐史さん。

どれほどの収入があるのかとっても気になりますよね。

基本的に出版会社でお仕事をされるようになった場合、どんなに大手出版社であってもまずは編集者からスタートされるそうです。

当たり前のことだとは思いますが、就職先が大手出版社や中小出版社でも初任給の差はほとんどないそうです。

そして、長年出版社で編集者としてお仕事を続けられた方の中、 30代後半から40代にかけて編集長になられる方が多いようです。

今泉さんは1972年生まれということで、おそらく編集長になったのは30代後半頃だと思われます。

30代での編集長の場合大体年収が900万円以上となっているそうです。

そして今現在、今泉さんは40代になられているので、おそらく年収としては1千万円以上になっている可能性があります。

大手有名な企業の編集長では、 多い企業では事前に2000万円ほどの年収があった編集長もいらっしゃるようです。

今泉さんは、雑誌そしてオンラインも手掛けられているそうなので、もしかすると予想以上に年収は多いと思われます。

CLASSY.という雑誌を作るのをとても楽しんでいらっしゃる今泉さん。

これからもどんどん素晴らしい雑誌を作り上げてくれるのでしょうね。

まとめ

光文社で編集長を務めている今泉祐二さんについてまとめてみましたがいかがでしたか?

トップクラスの発行部数を誇っている光文社で編集長を務めているため、たくさんの苦労もあったと思います。

年収も一般的な金額で予想してみましたが、 今泉さんの正確な年収までは把握できません。

ですが、雑誌を作る楽しみがあるからこそ、素晴らしい雑誌がこれまでにも発行されているのだと思います。

今回みやぞんが光文社に潜入するということで、私たちにはわからない編集長ならではの苦労や、仕事事情などが見れるかもしれません。

私たちが知らない裏側ではどんなお仕事がされているのか、そしてどのようにして雑誌が作られているのか知るきっかけにもなると思います。

2019年9月2日月曜日、夜21時から放送予定となっています。

是非お見逃しなく!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です