野口啓代は結婚している?オリンピック代表内定!経歴が凄すぎる!

野口啓代は結婚している?オリンピック代表内定!経歴が凄すぎる!

スポンサーリンク

スポーツクライミングの野口啓代さんが、来年行われる東京オリンピックの日本代表に内定しました。

東京オリンピックの日本代表に内定した野口啓代さんについて、詳しくまとめていきたいと思います。

野口啓代とは?

View this post on Instagram

私の最後の世界選手権が終わりました。 初めて出場した世界選手権が2005年、16歳の時。 30歳で迎える9回目の世界選手権でした。* * コンバインド2位 ボルダー2位 リード5位 スピード34位でした。 * * 最後の世界選手権、優勝することは出来ませんでしたが、3つの単種目、コンバインド予選、そしてコンバインド決勝とすべての競技を満足するパフォーマンスで終えることが出来ました。 コンバインド決勝では、最初のスピードで失敗するもあまりダメージはなく、ボルダーの時には完全にスイッチが入って今シーズンの中でも最高の状態でした。最後のリードでは完登することは出来ませんでしたが、あんなに振り絞れて驚いています。ずっとずっと2位だったので、コンバインドのボルダーとはいえ初めて1位をとれたことが1番嬉しいです。* * 最後と決めた世界選手権そして東京オリンピックの代表権のかかるこの大会で自分はどんな登りができるんだろうと考えていました。1人でいるときは不安で押し潰されそうでした。でも、観客の前に立つと不思議と力が湧いてきて、私はやっぱりクライミングが大好きで、大会が大好きで、あと1年登りたいという気持ちしかなかったです。* * 日本人で最初に五輪内定を頂くことができ、ここからの1年は金メダルだけを狙います。* * 共に戦ってきた仲間達に恥じない努力を重ね、人間的にも実力的にも成長し、東京オリンピックに向けて頑張りますので引き続き応援お願いします!* * * My one last World Championships was ended. Remembering the first time, I was 16 y.o. in 2005. I'm now 30 y.o. It was the 9th World Championships in my career* * * I could not get the gold in the end, yet I'm fully satisfied with my performance in 3 single disciplines and Combined qualification/final. After Speed of Combined, I was left behind in the race, but I was not afraid. When Bouldering started, I was totally switched and felt me in the season best condition. In the last Lead, I could not get the top, but I've never thought about me making last strong moves by moves. I've always been in the 2nd place through this season, so I'm so happy to get 1st position in Boulder, even tough it was in Combined.* * I was under so much pressure when I stayed alone in the back of the wall. However, when I stood in front of cheering huge crowd, I could feel supernatural power inside me and I realized that I love climbing, love competitions and want to climb for one more year. * I became the first Japanese Olympic sport climbing athlete. The Olympics gold medal is only the aim in the next year.* * I will practice hard respecting my friends who's been fighting together. I will be stronger as a person and a climber. Let me climb in Tokyo2020 Olympic games with your Gamba!! Thank you!!* * * photo by @climbersjp @au_official #大和証券 @thenorthfacejp @orientalbaio #三井不動産 @cowsoapcp #zeta @c3fit @lasportivajp @petzl_official @newhale_japan

A post shared by NoguchiAkiyo / 野口啓代 / のぐちあきよ (@noguchi_akiyo) on

名前: 野口啓代(のぐち あきよ)

生年月日:1989年5月30日

出身地:茨城県龍ケ崎市

近年ボルダリング競技に注目が集まっており、 その女王とも呼ばれているのが野口啓代さんです。

先日行われたスポーツクライミング世界選手権で、東京オリンピックの日本代表に内定しました。

野口啓代の経歴や学歴は?

野口啓代さんは茨城県龍ケ崎市出身で、 東洋大学付属牛久高校を卒業後、東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科に進学されました。

ですが大学は中退されています。

中退された理由については確認することができませんでしたが、大学に通っていた時期には大会や合宿など海外に行くことも増えていたので、学業との両立が難しくなったからという可能性が大きいです。

野口啓代さんは11歳の時に初めてクライミングを体験し、その後クライミングジムに通うようになりました。

12歳の頃には大会に参加するようになり、 小学校6年生で 全日本ユース選手権で優勝を果たしています。

まだクライミングを始めてから一年足らずという期間で、日本の大会で優勝したことに、 クライミング界では衝撃が走ったそうですよ。

そして2006年から2014年までボルダリングジャパンカップで9連覇を果たすなど、偉業を成し遂げています。

また2016年にも優勝しており、ジャパンカップは10度の優勝経験があります。

さらにボルダリングワールドカップでは、2008年・ 2009年・2014年・ 2015年の4回総合優勝しています。

本当に素晴らしい成績ばかりですね。

そんな彼女は、 2019年8月20日に行われたスポーツクライミング世界選手権で、女子複合で銀メダルを獲得し、2020年東京オリンピックの日本代表に内定しました。

スポンサーリンク

野口啓代の彼氏は?

https://www.instagram.com/p/B1A8-tVAUxB/?utm_source=ig_web_copy_link

美人すぎるクライマーと言われている野口啓代さん。

年齢的にも彼氏がいてもおかしくないですよね。

彼氏の存在を調べていると、「楢崎智亜」さんという名前がたくさん見受けられました。

なぜこの男性と噂になっているのか調べてみると、 実は楢崎智亜さんもクライマーだということがわかりました。

同じ クライマーということで、よくお二人が親しげに話をしている姿が見られたからなのだそうです。

その姿は、とても仲が良くお似合いのカップルのようにも見えますが、実際には先輩と後輩で、アドバイスを送るなどといった関係のようです。

実際にお二人がお付き合いをしているということはなく、今人気を集めているボルダリングをさらに盛り上げようとしている戦友のような間柄なのでしょう。

今後お二人が交際に発展する可能性もあるかもしれませんが、 現時点では野口啓代さんは結婚もされておらず、彼氏も存在しないのではないかと思われます。

クライミングを始めたきっかけは?

野口啓代さんは小学生の時に初めてクライミングをして、クライミングを始めて1年足らずで優勝するなど素晴らしい成績を数多く残してきました。

なかなかクライミングをする機会がない中、 どんなきっかけでクライミングを始めることになったのでしょうか。

11歳のときに家族でグアム島に旅行に行ったことがあるのだそうです。

そこで初めてクライミングを体験されました。

初めて体験したクライミングはとても楽しく、その楽しさを忘れられなかったことから、地元のクライミングジムに通い始めたのだそうです。

そして12歳の頃には大会に参加するようになり、小学校6年生で全日本ユース選手権で優勝するなど、クライミング界では衝撃デビューだったことがわかりました。

現在は日本代表として活動をされながら、 まだまだクライミングを知らない世間に普及活動をしたり、後輩を育成するなどの活動もされています。

日本国内では敵なしと言われる技術を持っている野口啓代さん。

2020年東京オリンピック日本代表に内定したことで、 東京オリンピックでメダル獲得が期待できますね!

まとめ

2020年に行われる東京オリンピックのクライミングの日本代表として、 野口啓代さんが内定しました。

日本では敵がいないとまで言われている、素晴らしい成績ばかり残してきた野口啓代さん。

近年クライミングを始める人がどんどん増えてきていますが、それもきっと野口啓代さんの頑張りがあったからこそ、多くの方にクライミングの楽しさを知ってもらえたからなのではないでしょうか。

これからの活躍にさらに期待したいですね!!

そして 2020年東京オリンピックではメダル獲得に向けて、たくさん応援してあげたいものです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です