田中泰延の本が面白い!経歴や学歴は?本のヒットの理由とは?

田中泰延の本が面白い!経歴や学歴は?本のヒットの理由とは?

スポンサーリンク

本屋の一番前列には今おすすめ、という本が並びますが、最近注目されているのが「読みたいことを、書けばいい」という題名の書籍です。

著者は田中泰延さんで、ダイヤモンド社が出しています。肩書として「青年失業家」を名乗っている方で、そのさっぱりきっぱりして多分にユーモアを含んだ文章は読みやすく、また大いに笑わせてくれます。

では、なぜ「読みたいことを、書けばいい」がヒットしたのか、作者について、また書籍の中身について紹介していきましょう。

田中泰延とは?

まずは著者の田中さんのプロフィールから見ていきましょう。

・田中泰延(たなかひろのぶ)

・1969年生まれ、2019年現在50歳

・大阪府出身

・職業はフリーランス、コピーライター、ライター

・早稲田大学第二文学部卒業

田中さんは現在「青年失業家」と名乗り、フリーランスとして主にウェブ中心に活動しています。

ツイッターで読んだ本やその感想、気になることなどをユーモアたっぷりの文章でつづり、ファンを増やしています。

彼の文章やその内容は「ふざけた」ものが多いのですが、コピーライターとしては東京と大阪のコピーライターズクラブで審査員をしている程の実力を持っています。

ちなみに彼は、ブルーハーツの大ファンです。

田中泰延の経歴や学歴は?

田中さんは大阪生まれ、高校時代からビジネスに関心を持ち、早稲田時代には学生企業グループに参加していました。

しかしほどなく脱落、残りの大学時代はトラックの運転手をしてお金を稼いでいたそうです。

早稲田大学を卒業後、1993年に新卒で電通に入社、関西支社にてクリエーティブ局でコピーライター、CMプランナーとして働いていましたが、2016年に退社します。

そして2017年からは「青年失業家」としてフリーランスで活動を始めます。

ツイッターは非常に人気で、一度読むと癖になってやめられない文章だ、と好評です。

スポンサーリンク

本の内容は?ヒットした理由は?

現在インターネット上では、田中泰延さんが書いた「読みたいことを、書けばいい」が評判になっています。

内容は、題名の通りに「自分の読みたいことを書けばいい」を色んな角度から繰り返し主張しています。

例えば、「わたしが言いたいことを書いている人がいない。じゃあ自分が書くしかない」とか、「他人の人生を生きてはいけない。書くのは自分だ。誰も代わりに書いてくれない」などです。

サブタイトルには「人生が変わるシンプルな文章術」とありますが、テクニックが書いてあるわけではありません。ですから文章を書く目的で購入しても、あまり役には立たないでしょう。

ですが、何かを表現したいと思っている人にとっては宝物のような存在になるかもしれません。

そしてただ単に、知的でかつ笑える文章が読みたい、と思っている時には是非おすすめしたい本です。とにかくふふっと笑える箇所が随所にありますので、ゆるゆると気持ちを解きたいときに良いのではないでしょうか。

文章がおもしろい、これが人気の理由に間違いありません。

田中泰延の奥さんは?兄弟は?

田中さんのご家族はいるのでしょうか?インターネット上を探してみましたが、現在奥様や子供さんたちがいらっしゃる、という情報は見当たりませんでした。

ただ、会談でお土産を貰うと家族が喜ぶ、という話がありましたので、一緒に暮らしているご家族はいるようです。

電通時代にお父さんと酒を飲みながら話したことなどもウェブメディアで話しています。現在父は亡くなっているそうですが、温かい家庭が想像できます。

まとめ

「読みたいことを、書けばいい」を書いたのは青年失業家という肩書でフリーとして活動している田中泰延さんです。

田中さんは「エンタメ新党」というサイトを持っていたり、ツイッターなどで自分の考えを発信しています。とにかく楽しい語り口調に夢中になってしまう人が続出です。

「読みたいことを、書けばいい」も非常に面白い文章で題名の通りのことが情熱的に書かれた本です。文章を書くのにちょっと疲れた時、表現をしたいけど何をどうしていいかわからない時、読んでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です