花田欣也の経歴や学歴は?トンネルへの愛がすごい!講演会やイベント情報は?

花田欣也の経歴や学歴は?トンネルへの愛がすごい!講演会やイベント情報は?

スポンサーリンク

マツコの知らない世界に花田欣也さんが出演します!トンネル好きの花田欣也さん。経歴や学歴が気になったので調べてみました!

花田欣也とは?

1961年の東京生まれ。トンネル探検家であり、「トンネル歩き」の第一人者でもあります。

全国でおよそ一万本ものトンネルが存在する中で、明治時代からと歴史を感じるものもあれば、作業用として長く作られたものなど、様々な種類があります。

そんなトンネルに魅了された花田さんは、旅行会社で勤務をしながら「トンネル探検家」として、全国のトンネルを巡っているんだそうです。しかもトンネル探検家としての活躍は、トンネル巡りだけではないんです。トンネルの魅力を、少しでも多くの人にわかってほしいと願いを込めて作った著者「旅するトンネル:クルマの速度じゃわからない、日本のトンネルの魅力」を2017年12月に出版されました!

また、花田さんはトンネル探検家としての顔を持ちながら、ジオラマ製作者の顔も持っています。

旅行会社勤務なので、マレーシアなど海外に駐在することも多かった花田さん。合間を縫って趣味の鉄道巡りを行い、全線突破してしまうほどです。その鉄道を生かして、ジオラマ製作では専門誌でコンペ受賞をするほどの実力を持っています。

花田欣也の経歴や学歴は?

幼い頃から暗いところが大好きだったという花田さん。中学から高校までは成城学園に通っていて、中高ともに柔道部主将として活躍してこられました。

また、修学旅行などのイベント時には、旅行の計画や考案を行うほど、大の鉄道好きだったそうですね!

(株)JTBに就職後、海外の駐在を行いながら趣味の鉄道巡りを極めていき、1995年には当時のJRを全制覇してしまうほどのハマりっぷりです。その鉄道巡りの趣味が高じて、ジオラマ製作者としても一目置かれています。鉄道模型専門誌でコンペを受賞し、その後も専門誌で多数紹介をされるほどの実力者です。

鉄道巡りからの派生でトンネル探検家となった花田さんは、トンネルの魅力を多くの方に知ってほしいと、全国各地を訪れて講演会を開いたり、トンネルをテーマにした映画のPRコメントを行ったりしています。

また、映画のワンシーンをジオラマ化し、製作・展示を行うといったように、その幅広い活躍が話題になっているんです。他にも、トンネルの魅力を直に知って貰いたいということで、花田さん自身が考案・同行する「トンネルツアー」も話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

花田欣也の仕事は?トンネルにハマった理由は?

花田さんは旅行会社に勤務していて、マレーシアや沖縄に駐在するため住んでいたこともあるそうです。

そんな海外に在住しているときでも、趣味の鉄道巡りに行っていたんだそうです。その鉄道巡りの際に、子どもの頃から暗闇が好きだったこと、歴史を感じる建造物で鉄道巡りをするからこそ、トンネルの魅力に惹かれていったと話しています。

実際、車ではいけないようなトンネルも数多くありますが、鉄道巡りをする傍らトンネルも興味があったので、巡るようになったんだそうですよ!

トンネルには様々な背景が存在します。明治時代から存在する歴史的建造物や、廃線してしまった鉄道が通るための長いトンネルなど、同じものが存在しないのでだんだんとトンネルに魅了されていったんだそうですよ。

花田欣也のイベントや講演会はあるの?

そんな花田さんのトンネル巡りに興味が湧いた方は、著者である「旅するトンネル:クルマの速度じゃわからない、日本のトンネルの魅力」を読むのも一つですが、実は講演会や実際に花田さんとトンネルを見て回れるイベントツアーがあるんです。

鉄道の乗りつぶしをしながら、山の旧道にあるトンネルの魅力をたっぷりと聞ける講演会は、現在までで46回行われています。

まとめ

トンネル探検家である花田さんについてまとめてみましたが、いかがでしたか?鉄道好きから派生して興味を持ったというトンネルですが、これだけ世間に広められる趣味って早々ないですよね。追求し続けるからこその趣味かもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です