Yunomi(トラックメーカー)の経歴は?結婚はしているの!?

Yunomi(トラックメーカー)の経歴は?結婚はしているの!?

スポンサーリンク

最近インターネット上で「Yunomi」という名前、名義の作品をよく見かけると話題になっています。

2015年に彗星のごとく現れ、DTMシーンをにぎわせたと言われているYunomiさんは、あくまでもボーカルをメインにしたウェルメイドなポップミュージックを制作しています。

では、Yunomiとは誰で、どんな人なのでしょうか。Yunomiのプロフィールや経歴、代表曲などを紹介していきます。

Yunomiとは?

Yunomiという名前で活動しているのは男性で、日本のDJ・トラックメイカ―・音楽プロデューサーです。所属はアソビシステムで、別名義で「tkrism」があります。

活動は2013年からですが、本名や身長・体重などは詳しく公表していません。

彼はEDMやFutereBassを基盤としつつの和テイストな音使いをする特色があり、2015年頃から現れ、現在人気の音楽プロデューサーです。

ちなみにEDMとは、「エレクトロニック・ダンス・ミュージック」の略で、「クラブで流れたらとにかく踊りたくなる音楽」というイメージのものです。

そしてFutereBassとは「未来の音楽」という、ジャンルです。キラキラしたサウンドエフェクトに不規則なドラムパターンとポップなリードシンセを持っている、という特徴があります。

名前をYunomiにしたのは、「日本っぽさ」という点、「ちょっと一休みしてお茶をゆっくり飲む」というイメージを掛け合わせ、「湯呑」となりました、と本人がインタビューで語っています。

Yunomiの経歴や学歴は?

彼は音楽でのキャリアを札幌でスタートさせています。まずは「tkrism」という名義で活動を開始し、同時期に札幌で活動していたnicamoq(にかもきゅ)さんとユニット活動をするときにつけたのが、Yunomiです。

2013年には音楽ユニットEMERGENCYにサウンドクリエイターとして参加をし、アルバムをリリース、2015年の6月にYunomi名義で本格的に活動を始めています。

様々なグループにサウンドを提供し、話題になったところで2016年に東京へ出て、アイドルユニット「ハッピーくるくる」へも楽曲提供しています。

2018年の12月にアソビシステムへの所属を発表しました。

本名などと共に詳しいプロフィールは公開していませんので、彼の学歴は分かりません。

Yunomiプロデュースのアイドルグループは?

Yunomiさんがプロデュースした、CY8ER(サイバー)が今人気です!

詳しくまとめた記事がこちら!

CY8ER(サイバー)のメンバーwiki風プロフ!結成理由やプロデューサーは?

スポンサーリンク

Yunomiの代表曲や人気曲は?

では、Yunomiさんの楽曲で人気の曲、代表曲を上位4つほど紹介します。

「インドア系ならトラックメイカ―」

「ゲームオーバー」(feat.TORIENA)

「銀河鉄道のペンギン」(feat.nicamoq)

「めんたいコズミック」(feat.nicamoq)

などが上位の人気曲です。

代表曲としては、Yunomiの名を一気に検索上位にもちあげた「サ・ク・ラ・サ・ク」があります。また、Yunomiという名前にしようと決めたあとすぐに作った曲、「ゆのみっくにお茶をして」(feat.nicamoq)も大変人気です。

Yunomiは結婚している?

ほとんど自分の素性を公開していないYunomiさんですので、恋愛や結婚についても何も語っていません。

しかし活動期間がそれなりに長い男性であることもあり、公開していないだけで実は家庭を持っている、ということも十分考えられます。

本人が情報を公開するまで、詳しいことはわかりません。

まとめ

札幌出身の音楽プロデューサー、EDMの世界で名をあげ、様々な音楽家に楽曲を提供しているのがYunomiさんです。

男性で札幌出身、ということしか個人情報を公開していないため、ほとんどは謎に包まれています。

ポップでキュート、「kawaii」の世界に憧れて音楽を作った、という彼だけあり、世に出た作品はいずれも非常に可愛いものばかりです。

ヤフーの知恵袋などでも誰が作った曲か、などと質問されていることが多いので、興味がある方は一度聴いてみてください。ユーチューブでも公開されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です