男子バスケットボール代表 SG 小川春太の進学先が凄い!両親は?プロ入り!?

男子バスケットボール代表 SG 小川春太の進学先が凄い!両親は?プロ入り!?

スポンサーリンク

先日日本代表の男子バスケットボールチームが、親善試合ウィリアム・ジョーンズ・カップに向けての、練習を公開しました。

7月12日に台湾で開幕する親善試合ですが、今回の大会は若手主体のメンバーで、 チームの半数が大学生です。

今回のメンバーには NBA ドラフトで1位指名をされている八村塁も選手に入っており、その中にシューティングガード小川春太も含まれています。

今回はこの小川春太について詳しくまとめていきたいと思います。

小川春太って?

名前:小川春太(おがわ はるた)

年齢:18歳

出身地: アメリカ合衆国ロサンゼルス

国籍:日本とアメリカ

身長:196cm

体重:92 kg

小川春太の学歴は?経歴は?

現在は高校生で、カリフォルニアにあるデ・ラ・サル・ハイスクールという名門私立高校に通っているそうです。

アメリカには同じ名前の高校が、カリフォルニア州コンコードと、ルイジアナ州のニューオ リンズにもあるようなので、このどちらかに通われているようです。

まだ現在は18歳なので学歴はここまでですが、9月からはマサチューセッツ工科大学に進学することが決まっています。

マサチューセッツ工科大学では世界最高峰の研究機関が揃っていると言われ、マサチューセッツ工科大学出身の多くの方がノーベル賞受賞をしている大学なのだそうですよ。

今回日本代表に選ばれていますが、米国のバスケット選手としては、196cmという身長で大柄とは決して言えないものです。

ですが、抜群の身体能力・ IQ の高さなどから日本代表の首脳陣からは将来を期待されているのだそうです。

小川春太の家族は?

アメリカ合衆国ロサンゼルス出身ということで、 今回なぜ日本代表の選手になったのか気になりますよね。

そこで家族のことについて調べてみました。

小川春太の父親はアメリカ人で、 母親は日本人です。

アメリカ人と日本人の両親から生まれた、小川春太はハーフということになるのです。

今回は日本代表に入っているということなので、 日本とアメリカの国籍を持っているのだと思われます。

スポンサーリンク

小川春太彼女はいるの?

アメリカのバスケットボール選手の中では、 小川春太の196cmという身長は少し小さいくらいなのだそうです。

日本ではとても身長が高い人というイメージになりますが、バスケットボール選手としてはまだ18歳ですのでこれからも身長が伸びる可能性は十分あります。

そして18歳という若さで、 身体能力もすごく、 IQも高い、マサチューセッツ工科大学への進学も決まっているということで、絶対モテそうな気がしますよね。

小川春太には、絶対に彼女がいるのでは?と思い調べてみました。

ですが、彼女がいるという情報を掴むことができませんでした。

ですが絶対にモテるであろう小川春太、彼女がいるかどうかはわからなかったのですが、彼女がいても不思議ではない人ですね。

将来プロ入りする可能性は?

今回日本代表に選ばれていますが、将来小川春太はプロになるのでしょうか。

進学してからも選手として練習をこなしながらも、大学生活では実習に没頭する生活になるでしょう。

小川春太本人は、今のところプロになるかまだ決めていないと言っています。

マサチューセッツ工科大学といえば、全世界から秀才が集まり、世界最高峰の研究機関が揃っているため、 ノーベル賞受賞者も多く輩出しています。

名門中の名門大学に進学するということで、これから学業とバスケットの両立はとても大変なものになるでしょう。

将来研究の道に進むのか、 バスケットボール選手のプロになるのかまだ決めていないようですし、これから大学に通い始めその中で将来のことも考えるはずです。

大学生活の中で自身の将来を考えると思いますが、研究の道に進んだとしても、 プロになるとしてもぜひ応援してあげたい方ですね。

まとめ

 NBA ドラフト1位で八村塁が選ばれたことで、親善試合ウィリアム・ジョーンズ・カップで同じチームになっている小川春太について気になったので調べてみました。

小川春太は名門校に通っており、9月からは マサチューセッツ工科大学への進学も決まっているということがわかりました。

アメリカ出身で、 エリート校出身のNBA選手も存在する中、本人はまだ将来プロになるのか研究の道に進むのかこれから考えていくと話されています。

まずは12日から開幕される親善試合ウィリアム・ジョーンズ・カップで素晴らしい活躍をしてくれることを期待します。

そして、将来彼が選ぶ道、どうなるかは分かりませんが、どんな道を選んでも彼を応援してあげたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です