韓国への輸出規制強化とは?規制の狙いや意味をチョー分かりやすくまとめてみた!

韓国への輸出規制強化とは?規制の狙いや意味を分かりやすく

スポンサーリンク

政府が4日に、『韓国への輸出規制強化を発動』というニュースが話題になっていましたが、管理人のkuromameは政治について疎く、色々なニュースを見ても、韓国への輸出規制強化の狙いが分からず、逆に気になってしまいました。

同じような人もいるのではないかと思い、韓国への輸出規制強化とは?規制の狙いや意味を分かりやすくお伝えできるように、徹底調査してみました。

韓国への輸出規制強化とは?規制の狙いや意味を分かりやすくお伝えできるように、徹底調査してみました。

韓国への輸出規制強化とは?

韓国への輸出規制強化とは、化学製品3品目(フッ化水素、フッ化ボリイミド、レイジスト)を日本から韓国へ輸出するには、政府の輸出許可が約90日かかるというように規制を強めた規制の事です。

これまでは、 化学製品3品目 は輸出許可手続きが免除されていたので、不要だったので、すぐに韓国に輸出する事が出来たのですが、今回の規制強化から、輸出許可が出るのに約90日かかるので、韓国側へ届くのが遅くなるようですね。

韓国への輸出規制強化について、詳しく解説してる動画もありますので、動画で詳しく知りたいという方は、こちらを参考にすると分かりやすいです。

【報ステ】韓国への輸出規制「世界的な産業に影響」(19/07/02)

輸出規制強化での韓国の反応は?

輸出規制強化により、韓国の方は、すごく怒っているような反応が多かったです。これは、経済報復だという風に、韓国でも話題になっていました。

韓国経済の大黒柱は、半導体製造といって、サムスンとか、SKハイニックのようメーカーで、韓国の経済の4分の1はそれらから生み出されるお金で成り立っているようです。

なので、日本に輸出規制強化されると、韓国では、最悪の場合は工場の生産ラインが止まる可能性もあるようで、経済の4分の1に大きな影響が出ると予測されており、今回のニュースも話題になっている。というわけだったんですね。

例えば、

あなたのお仕事が漁師だとして、明日から漁に出る回数を半分にしてください。って言われたらお仕事できないわけですから、収入は激減しますよね? それと同じような事を韓国は言われてるわけですから、韓国もつらいですよねこれは。

スポンサーリンク

輸出規制強化の狙いは?

では、日本がこの輸出規制強化をする狙いがなんなのかというと、徴用工訴訟をめぐって、韓国側が具体的な対応をしない事への対抗措置のようです。

徴用工訴訟 というのは、韓国の最高裁が日本の企業に対して賠償を命じた

徴用工訴訟問題(ちょうようこうそしょうもんだい)とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。韓国で同様の訴訟が進行中の日本の企業は、三菱重工業不二越IHIなど70社を超える[1]2018年10月30日、韓国の最高裁にあたる大法院新日本製鉄(現新日鉄住金)に対し韓国人4人へ1人あたり1億ウォン(約1000万円)の損害賠償を命じた。 

引用ーウィキペディア

まとめ

韓国への輸出規制強化とは、韓国への輸出をする際に、化学製品3品目(フッ化水素、フッ化ボリイミド、レイジスト) を許可制にした。

それにより、約90日かかるので、韓国側は経済報復だと話題になっているが、実際、日本政府の狙いとしては、徴用工訴訟問題で韓国が何も動かない事に対して、対抗措置のようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です