福岡のホステス死体窯焼き事件とは?事件の日付や場所や犯人をまとめてみた

福岡のホステス死体窯焼き事件とは?事件の日付や場所や犯人をまとめてみた

スポンサーリンク

福岡県で死体を窯で焼いたいう衝撃的な事件がありました。事件の日付や、場所、犯人について気になったので、まとめてみました。

ホステス死体窯焼き事件って?

福岡県の陶芸家の男が、ホステスの女性の遺体を陶芸用の窯で焼いた事件です。

陶芸家の仕事は、窯で陶芸を作るのがお仕事なのですが、まさか、遺体まで焼いてしまうというのは、かなり衝撃な事件で福岡民を騒がせました。

結構前の事件なので、そんな事件があったんだ、という声も上がっています。

ホステス死体窯焼き事件の日付は?2015年2月15日

事件の日付は、2015年2月15日です。ちょうど今から、4年ほど前の事件ですが、衝撃的な事件だったので、最近の事件のように思えます。

ホステス死体窯焼き事件の場所は?

福岡県金田町という場所です。福岡県の中心地からもすぐの場所です。

スポンサーリンク

ホステス死体窯焼き事件の犯人は?

陶芸家の下山 孝市 (61)が容疑者としてあがっていましたが、実際は、別の人間の支持により、犯行を強要させられていたとの話もあります。

その、犯行を強要した人間とは、 高松良一 被告(60)ですが、 飯塚拘置支所で自殺しており、  真相は闇の中です。

まとめ

死体を窯で焼くという衝撃的な事件でしたが、実際の犯人は分からず、真相は闇の中。世の中には、このように、一般には公開されていない事件や、犯人不明の事件は数多くあります。

日本の警察が犯罪を未然に防ぎ、多くの人が安全に暮らせる世の中になるように。また、殺害されたホステスさんのような被害者が出ないようになっていって欲しいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です