軽井沢の女帝、広川小夜子さんって?娘の現在の仕事が凄かった!人気店情報も!マツコの知らない世界

軽井沢の女帝、広川小夜子さんって?娘の現在の仕事が凄かった!マツコの知らない世界

スポンサーリンク

7月2日放送の「マツコの知らない世界」に広川小夜子さんと娘の広川美愛さんが出演されます!気になったので調べてみました!

広川小夜子さんって?経歴は?

プロフィール

名前:広川 小夜子(ひろかわ さよこ)

出身地:新潟県

経歴

大学進学と同時に上京した広川小夜子さんは、大学を卒業後に東京で広告のデザイナー職つかれました。

1972年には、夫とともに軽井沢に移り住むことになり、1979年に、情報誌の「かるいざわメイト」を創刊されました。

執筆や取材などを、広川小夜子さんがすべて1人でされていたそうです。

やがて協力者が増えていき1983年には、「軽井沢ヴィネット」という現在も使われている名前に変更となりました。

娘の広川美愛さんって?経歴は?

プロフィール

名前:広川 美愛(ひろかわ みまな)

出身地:長野県

経歴

文楽のファン歴が15年だった、広川美愛さんは現在、文楽・伝統芸能振興長野委員会の委員長を務められています。

文楽や筝曲などの伝統芸能の振興や文化的な地域づくりを目指すボランティア団体だそうです。

伝統芸能、特に文楽や筝曲などなかなか触れる機会の少ない古典芸能の普及・振興を目指されており、子ども達や地域の方々に伝統芸能を直接観て、触れて、知ってもらうために小中学校や福祉施設で文楽や筝曲の教室や公演を行なわれています。

また、母親の広川小夜子さんが担当している「軽井沢ベネット」の編集のお手伝いもされています。

なぜ軽井沢に詳しいの?軽井沢の魅力って?

広川小夜子さんは、40年間にわたり取材され、軽井沢の歴史と世界の絶品グルメを世間に伝え続けられて、今では軽井沢の女帝と言われるほどとなりました。

軽井沢の魅力は何と言っても軽井沢には「ブランド」があり、都会の喧騒などから離れ、自然に囲まれながらの暮らしができます。

空気、洗練された美しい町並みも魅力ですよね。

軽井沢にウィンタースポーツのイメージを持っている方は少ないかもしれませんが、スキーも楽しむことができるそうですよ!!

軽井沢おすすめグルメは?

軽井沢には、おいしいパン屋さんが街中にたくさんあります。

フランスベーカリー」

なんとあのジョンレノンさんも通われていたというパン屋さんです。

「フランスベーカリー」は昭和26年創業で、旧軽井沢銀座にお店をかまえる歴史あるパン屋さんです。

創業当時からレシピを変えず、同じ味を守り抜いているそうです。

アクセス

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢618

軽井沢駅
徒歩か自転車。

軽井沢駅から1,865m

スポンサーリンク

また、水のおいしい軽井沢はそばも有名です!!

軽井沢で蕎麦といえば「川上庵」という程の有名店!!

View this post on Instagram

– 中餐😁😁😁👍❤ 但價錢😨😨😨

A post shared by 林靖凱 (@chingkai_lin) on

「クルミだれせいろ」が名物として知られているそうです。

★アクセス

住所:〒389-0103長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢6-10
上信越自動車道「碓氷・軽井沢IC」20分
長野新幹線「軽井沢駅」徒歩25分

また、今軽井沢で話題なのがフレンチトーストです。

「ル・プティ・ニ3」というお店のフレンチトーストが特に人気だそうで朝から行列ができるのだとか!!

ちなみにフレンチトーストは前日までの予約が必要だそうです。

★アクセス

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1398-457

軽井沢駅から車で3分

軽井沢駅から2,967m

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、軽井沢の女帝と言われている、広川小夜子さんと娘の広川美愛さんについて書いていきました。

7月2日放送の「マツコの知らない世界」に広川小夜子さんと広川美愛さんが出演されます!!

軽井沢の歴史と共に世界の絶品グルメや軽井沢でしか食べられない料理、オススメ別荘をご紹介されるそうですよ。

これを機会にマツコさんが軽井沢の別荘を購入されるかもしれませんね(笑) 是非チェックしてみてくださ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です