映画ナミヤ雑貨店の奇蹟 あらすじネタバレあり感想 一通の白紙の手紙の意味とは!?

映画ナミヤ雑貨店の奇蹟 あらすじネタバレあり感想 一通の白紙の手紙の意味とは!?

スポンサーリンク

映画ナミヤ雑貨店の奇蹟 6月28日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(よる9時~)で地上波初放送が決定しました!あらすじや感想をまとめてみた。

映画 ナミヤ雑貨店の奇蹟 とは?

東野圭吾のベストセラー小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を実写映画化。過去と未来を繋ぐ雑貨店で起こる、感動の物語。Hey! Say! JUMP・山田涼介と、名俳優・西田敏行の演技に注目です。

ナミヤ雑貨店の奇蹟のキャスト

山田涼介

村上虹郎

寛一郎

西田敏行

萩原聖人

成海璃子

門脇麦

林遣都

ナミヤ雑貨店の奇蹟のスタッフ

監督廣木隆一

脚本斎藤ひろし

原作東野圭吾

ナミヤ雑貨店の奇蹟のあらすじ

この物語は、女性実業家の屋敷に盗みに入った敦也(山田涼介)・翔太(村上虹郎)・幸平(寛一郎)が、夜の街を駆け抜けるところから始まる。

乗ってきた車が動かなくなった三人は、空き家であるナミヤ雑貨店に逃げ込む。すると、既に閉店している筈の雑貨店に一通の手紙が投函された。

内容は、ミュージシャンと名乗る男からで、実家の魚屋を続けるか音楽を諦めずやり続けるかの悩み相談。加えて、日付が1980年と書かれていた。不思議に思いながらも、興味半分で返事を書くとすぐミュージシャンから返事が返ってきた。

数通のやり取りをする中で、三人はミュージシャンの正体にたどり着く。ミュージシャンが奏でるハーモニカのメロディが、人気女性シンガー・セリ(門脇麦)の楽曲と同じだったのだ。

スポンサーリンク

ナミヤ雑貨店の奇蹟のネタバレありあらすじ

ここからはネタバレになるので、興味のない方はご遠慮ください。

時代は、三人がいる現代から30年遡る。手紙のミュージシャン・克郎(林遣都)は、雑貨店で相談した末、音楽を続けることを決意。

ある日、養護施設で音楽活動をしていた克郎の曲に、一人の少女が強く感銘を受ける。しかし、その夜、施設は火事に見舞われセリの弟が施設に取り残され、克郎が無事救出するも代わりに克郎が命を落としてしまう

弟の命の恩人として、感銘を受けた曲として、セリは世界から注目を集めるまでになった。そして、三人からすればセリは同じ養護施設の先輩にあたる。あまりの偶然に三人は驚くも、手紙のやり取りは続く。

次の手紙は、ホステスとして働く女であった。内容は、お金が必要で店の客から愛人を要求されているというもの。

敦也は、愛人の選択を取る女性の甘えに加え、軽蔑もしていたが、次第に見守る立場へと変わっていく。そして敦也は、彼女に日本の情勢などを教えることで、時代を見据える会社の社長として成功を収める。そして三人は、一連のやり取りが偶然ではないことを確かめる為、白紙の手紙を投函する。

1980年に遡る。ナミヤ雑貨店の店主・浪矢雄治(西田敏行)は、余命3ヶ月と診断されておりこの日は一時帰宅をしていた。

かつての恋人・暁子(成海璃子)の姿を目の前に、自分が受けた相談の回答は正しかったのかと問う。雄治は息子に、時期が来たら一日だけ相談を復活するよう託し、相談の行く末を教えてほしいと遺書に書き残す。

それは一時帰宅し、暁子と二人でいた時に起こった。雄治の元に、沢山のお礼の手紙が舞い込む中、一通の白紙の手紙が届く

敦也達三人は、ネットニュースでナミヤ雑貨店を調べると、一日限定の復活祭が今日この日であり、店主・雄治が亡くなった命日であることを知る。全てが必然で起こっていることをしった敦也達は、自分達が盗みに入った女性実業家が、実はあの時のホステスだと思い出し、盗んだ鞄の中に雑貨店行きの手紙を見つける。

三人は施設を守るため、女性実業家宅に盗みに入ったが、実は火事の後施設を建て直したのが彼女だと知り、翔太・幸平は女性実業家宅へと戻る。取り残された敦也は、最後の一通を手にする。

そこには、雄治からの最後の返事で、未来は明るいことが記されていた。悩み苦しむ様子を見透かすような内容に励ませれた敦也は、二人を追いかけ、それぞれの目標へと進む。

ナミヤ雑貨店の奇蹟の感想

東野圭吾らしい、パラレルワールドが広がる作品でした。全ての伏線が回収される爽快感は、堪らなく気持ち良かったです。また、最後の展開に涙なしでは観れないですね。

ナミヤ雑貨店の奇蹟の口コミ

「原作のファンです。西田敏行さんの演技力に心掴まれました!」

「心に沁みる温かなシーンが多く、ジーンとくるものが多かった。辛い時や心が乾いている時に見ると、とても癒されます。」

「西田敏行の手紙を読むシーンに思わず涙が出そうでした。山田涼介の涙がまた綺麗で、見入ってしまいました。」

など、原作を読んで映画を観たという方が多い印象を受けますね!何より、西田敏行さんの演技力が原作を超えているという口コミが多いですね。

まとめ

心温まるストーリーと、キャストの演技が魅力的な作品ですね。

西田敏行さんのアツイ演技に、目が離せません!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です