映画テッド あらすじネタバレあり感想 子どもに見せれない理由とは!?

映画テッド あらすじネタバレあり感想 子どもに見せれない理由とは!?

スポンサーリンク

映画 テッド 続編も出て大人気なテッド!!下品だけど、面白い!公開から日が経っても、テッドのぬいぐるみなど人気が絶えませんよね〜あらすじや感想まとめてみました!

映画 テッドとは?

『映画 テッド』とは一応コメディ作品ではありますが過激な言葉等が使われているのでR指定されている作品でもあります。

キャスト

マーク・ウォールバーグ

ミラ・キュニス

セス・マクファーレン

ジョエル・マクヘイル

ジョヴァンニ・リビシ

スタッフ

監督 セス・マクファーレン

脚本 セス・マクファーレン

アレック・サルキン

ウェルズリー・ワイルド(英語版)

原案 セス・マクファーレン

製作 スコット・ステューバー

セス・マクファーレン

ジョン・ジェイコブス

ジェイソン・クラーク

製作総指揮 ジョナサン・モーン

ナレーター パトリック・スチュワート

映画での登場人物

次に映画に登場する人物の紹介をします。多少のネタバレがあります。

テッド

本作の主人公で元々はジョンの願いによって魂が宿った何処にでもいるくまのぬいぐるみなのであります。

長らくジョンと共に過ごしており、今では中年男性の声で過激な言葉をよく言います

ジョン・ベネット

もう一人の主人公で子供の頃は内気な性格だったが両親から貰ったくまのぬいぐるみに魂が宿るように祈った結果、テッドを誕生させます

優柔不断な子供っぽい性格をしており、レンタル店で働いており、ロリーと同棲しています

ロリー・コリンズ

ジョンの恋人でキャリアウーマンとして広告会社で働いています。

レックス

ロリーが働いている会社の社長の息子でロリーに好意を抱いていますがジョンの事を見下しています。

ドニー

人気者だったテッドのファンの男性。

あらすじ

1985年のクリスマス、ジョン・ベネットはサンタに親友がほしいと祈ると翌朝プレゼントで貰ったテディベアに『テッド』と名付け、命が宿るように祈るとそれが叶います。

以後、ジョンは親友になったテッドと共に暮らし、27年後になるとジョンは35歳になり、テッドは見た目こそ変化がないが中身はおっさんになります。

会社員となったジョンは親友のテッドと恋人のロリーと“3人”で暮らしています。

テッドは昔、喋れて動けるという事で国民的キャラクターとして人気を集めていましたが、今や落ちぶれて酒浸りに女遊び、マリファナ漬けの日々を送っています。

ジョンは仕事に身が入らず、休日にはテッドと共にマリファナを回し飲みする等内面は子供の状態が続いています。

ロリーは、ジョンが子供のままなのはテッドがいるからだと考え、しまいにレックスから口説かれてうんざりしています。

そんなある時、テッドとジョンが散歩中にドニーと出会い、テッドを売って欲しいと言われるが断ります。

交際4年目の記念日の晩、ジョンとロリーが食事を終えて帰ると、テッドが売春婦を呼んでいたのでロリーの怒りが爆発し、この事がきっかけで2人は初めて離れ離れの大人の生活を始めます。

ネタバレあり あらすじ

ここからはネタバレがありますのでそれが嫌な人は観ないことをお勧めします。

テッドと離れて暮らすジョンでしたが、勤務中やパーティーの際にテッドから誘われて遊んだせいでロリーに怒られ、別れを告げられてしまいます

ジョンはこんな状況になったのはテッドのせいだと言って、テッドとジョンは喧嘩しますがやがて和解し、何とかジョンとロリーとのよりを戻す方法を考えます。

そして2人はロリーとレックスのデートを様子見ていて、親密になるのを阻止します。

それからテッドはロリーと会ってジョンにもう一度チャンスを上げてと頼むのですが彼女と別れたと同時にドリー一家に誘拐されてしまいます。

この事を知ったジョンとロリーは探しに行き、テッドは何とか脱出しますがドリー一家に狙われ続けます。

その結果、ドリー一家から逃げようとしたテッドの体は真っ二つに裂けてしまい、元の人形になってしまいます。

ジョンとロリーは何とか修復しようとしますが既に手遅れの状態となっています。

なのでジョンは子供の頃と同じように祈りを捧げながら寝ると翌日にはテッドは復活し、ジョンとロリーは結婚してテッドと再び3人で暮らし始めます。

感想・口コミ

感想

とにかく、下品!だけど、テッドの見た目が可愛いので許されます。(笑)

そして、最後までみるとなんだかんだ、いい話としてまとまっているので見応えはあります。有吉さんの吹き替えもすごく合っていてよかったです☆

口コミ

「完全に大人向けの映画となっています」

「友情の強さを教えてくれます」

「最初は人形だと馬鹿にしてましたが、最後まで観てみると予想を超えた面白さがこの映画にはあります」

「アクション、サスペンス等様々なジャンルの内容が組み込まれています」

「続編があれば見たくなります」

まとめ

英語の勉強には、全然ならない!お下品ワード炸裂な映画!爆笑できるので友達とワイワイ観るのがおすすめです!小さなお子様には、まだまだ早いでしょうね〜

この作品のDVDは既に発売及びレンタルしており、続編である『テッド2』もDVDとして発売及びレンタルされているので時間があれば買うなり借りるなりして観る事をお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です