映画 モテキ あらすじネタバレあり感想 森山未來のキレキレダンス

映画 モテキ あらすじネタバレあり感想 森山未來のキレキレダンス

スポンサーリンク

映画 モテキ 個人的に大ファンな映画モテキ!!人生で3回はモテキがくるらしいですが、、、感想やあらすじまとめてみました!

映画 モテキとは?

『映画 モテキ』とは作家である久保ミツロウ先生によって執筆された漫画で、連ドラにもなった人気作品でモテない男性が突如として舞い降りたモテ期を謳歌する作品です。

【キャスト

森山未來

長澤まさみ

麻生久美子

仲里依紗

真木よう子

【スタッフ】

監督 大根仁

脚本 大根仁

原作 久保ミツロウ

製作 井澤昌平 市川南 鈴木一巳 岡部紳二

露木友規枝 市山竜次  

製作総指揮 山内章弘 塚田泰浩 中尾哲郎

映画での登場人物

次に映画に登場する人物の紹介です。多少のネタバレがありますのでご容赦ください。

藤本幸世

本作の主人公で恋にへタレな草食系男子。

みゆきと出会って、みゆきがダイスケと付き合っているのを知りつつ、彼女とデートする。

松尾みゆき

幸世とツイッターで意気投合して会うことにした女性。ダイスケと付き合っているが…。

桝元るみ子

みゆきの友達で彼女の紹介で幸世と出会って、彼に好意を抱いた。

あらすじ

藤本幸世は1年前にやってきたモテキの後、暫くの間は実家で暮らしていたが再び上京し、ニュースサイト・ナタリーの正社員として働いていました。

そんなある日、ツイッターを通じてEYESCREAM誌の編集者である松尾みゆきと知り合い、意気投合します。

ボディタッチも平気でしてくるので絶対彼氏がいるなと思いつつも幸世は彼女に惹かれていきます。

しかも彼女は彼氏がいながらも幸世の部屋に泊まって、服を脱いだりしたり等でいいムードになったので幸世は完全に彼女の事が好きになっていました。

それからもみゆきとデートを重ねるが、同棲までしている事から積極的になれませんでした。

ネタバレあり あらすじ

ここからはネタバレがありますのでそれが嫌な人は見ないでください。

そんな中、みゆきの友人である枡元るみ子に告白をされて幸世はみゆきに未練がありながらも彼女と一夜をともにします。

それからみゆきの彼氏であるダイスケに出会って話していると改めて自分はみゆきの事が好きなのに気づいた幸世は、るみ子を振りました。

改めてダイスケのインタビューをしていると彼が妻帯者であり、みゆきとは愛人関係なのを知ります。

幸世はこの事をダイスケにぶつけて責めますが、ダイスケはみゆきも分かってくれていると答えます。

幸世は会社から抜け出してみゆきに会って告白しますが振られてしまいます。

それからダイスケ主催のフェスの当日、彼は妻と離婚することをみゆきに伝えるが、みゆきに元気はありませんでした。

そんな中、みゆきは取材に来ていた幸世を見つけると逃げ出してしまい、幸世は彼女を追いかけます。

何度も転んだせいか、お互い泥まみれになっていて、幸世はキスしようとし、みゆきもそれを受け止めるのでした。

感想・口コミ

【感想】

この映画は何度見てもやっぱり面白い!連ドラを観ていましたがそれと同じくらい面白かったです!何にも考えずに観て笑える素晴らしい映画です。

藤本幸世役の森山未來さんが見事にはまり役になり、他の役者さんの演技力に引き込まれました!個人的には、perfumeのダンスの部分が1番好きです!森山未來さんの完璧なダンスがさすが!っと思いました(笑)

そして、麻木久美子さんの演技に引き込まれました!映画を見ていて私もモテキを迎えたいなと、心の底から思える映画です!みなさんも思うのではないでしょうか?

【口コミ】

「自分が想定していた以上の面白さがありました」

「連ドラを見ていませんでしたが、充分に楽しめました」

「シーンの間間に挿入する歌のチョイスがいい」

「想像以上のテンポの良さで、ついつい3回も見ちゃいました」

「2010年の映画の中では最高のエンターテインメントムービーでした!」

まとめ

口コミや感想をまとめた結果、ついつい何度も観てしまうと言う人が大勢いるみたいですね〜 連ドラを観てからでも、映画だけでも充分楽しめると思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です