映画【謝罪の王様】あらすじネタバレあり感想 終始おふざけ映画!!

映画【謝罪の王様】あらすじネタバレあり感想 終始おふざけ映画!!

スポンサーリンク

映画 謝罪の王様 ひたすら謝っているような映画!謝ることの大切さが学べました。って言えないほど面白くてふざけた映画でした(笑)

・映画 謝罪の王様とは? 主なキャストやスタッフ

『映画 謝罪の王様』とは架空の職業である謝罪師をしている主人公が、様々な事件を謝罪師としての腕を駆使して解決していく姿を描く物語となっています。

【キャスト

阿部サダヲ

井上真央

竹野内豊

岡田将生 尾野真千子 荒川良々

濱田岳 松本利夫 川口春奈

鈴木伸之 小松和重 笠原秀幸

美波 真飛聖 柄本時生

野間口徹 六角精児 中野英雄

白井晃 濱田マリ 嶋田久作

池田鉄洋 中村靖日 松尾諭

深水三章 井上琳水 大川ヒロキ

【スタッフ

監督 水田伸生

脚本 宮藤官九郎

製作 門屋大輔 市川南 藤門浩之 伊藤和明

寺田篤 松田陽三 長坂まき子  製作総指揮 城朋子

映画での登場人物

多少のネタバレがありますのでご容赦ください。

黒島譲

今作の主人公で東京謝罪センター所長を務めている謝罪師。基本的には対話を重んじているが場合によってはキレる事も辞さない。

倉持典子

司法書士を目指している帰国子女。とある日、小磯一家の車と接触事故を起こしてしまい、その謝罪を黒島に依頼。謝罪が済んだ後、黒島の助手に就くことになった。

・あらすじ

東京謝罪センター所長であり、謝罪師である黒島譲の元に帰国子女の倉持典子が訪ねてきます。

彼女が言うには車の運転中に追突事故を起こしてしまい、車から現れたヤクザ風の男達に謝罪ができず、組事務所で内容を読まずに「示談金400万円、毎月12万円の返済、利子が10日で3割、来週から大阪のデリヘルに就職」という誓約書に判を押してしまったとの事だった。

黒島は、敢えて自らの顔面を血だらけの状態にして典子と共に組事務所に乗り込み、ひたすら謝り倒してかつ連日組長にヨイショしました。

その結果、400万円の借金が40万円に減額され、典子は借金を返すために黒島の元で働くことになりました。

・ネタバレあり あらすじ

ここからはネタバレがありますのでそれが嫌な人は見ないでください。

それから黒島は下着メーカーの中堅社員・沼田卓也、大物俳優・南部哲郎の問題を解決します。

そして一流国際弁護士・箕輪正臣は離婚して離れ離れになってしまった当時3歳の娘に手を挙げてしまったことを今でも謝りたいと思っていました。

その理由は「腋毛ぼうぼう、自由の女神!」というギャグを連呼したからです。

そんなある日、映画プロデューサー・和田耕作の作品に、お忍びで来日していたマンタン王国・皇太子がエキストラ出演していたことが発覚し、マンタン王国皇族は肖像権侵害だと言ってきました。

黒島は色々な策を講じるが尽く裏目に出てしまい、その結果マンタン王国は日本との貿易停止を発表してしまい、窮地に追い込まれます。

黒島が謝罪を生業にするようになった理由は、人気ラーメン店「言語道断」で食事をしてた際、店員の湯切りの水滴が顔に掛かったので謝罪を求めたが、店側は表面上謝罪はするものの店員に会わせず、金で解決しようとしたので納得しませんでしたので、その結果店は潰れ、店員から謝罪の言葉はないまま現在に至ったからでした。

そしたら例の店員が黒島と典子の前に現れ、突然「腋毛ぼうぼう、自由の女神!」と叫び、この言葉が土下座を越える究極の謝罪だと言います。

この事から典子は箕輪が自分の父親だと知り、和解しました。

この言動のルーツは、映画「バタールの丘」のラストにあった南部演じる伝説の将軍は、謝罪するシーンで、マンタン語で話していたのだが日本人には「腋毛ぼうぼう、自由の女神!」としか聞き取れなかったのだ。

そして黒島は、マンタンに向かい、「腋毛ぼうぼう、自由の女神!」と連呼した事でマンタン王国と日本政府は和解したのでした。

・感想や口コミ

【感想】

正直、日本人にしか分からない日本人的謎行動を面白くかつ感動する作品にするのは凄いなと思いました。自分もそうですが日本人はすぐ謝るし、誰に謝っているのかも謎だったりするので、この辺を上手く話に盛り込ませる監督の手腕は見事だと思いました!!

基本は阿部サダヲ等のはじけたコメディ映画でしたが、時々心掴まされる話が出てくるので単なるコメディ映画として観れなくなる事があったので概ねいい作品だなと感じました。

【口コミ

「クドカンの作品は面白い!」

「各エピソードの繋がりがとても良かったです」

「やり過ぎるくらいの馬鹿っぽいシーンが面白かった」

「謝罪一つで色々なドラマがあるんだなと感じました」

「結構笑って観ることが出来ました」

・まとめ

豪華キャストたちによる、おバカな映画でした!(笑)阿部サダヲさんが出演すると本当に面白い!竹野内豊の無駄使いがすごかった!(笑)

この作品のDVDは既に発売及びレンタルしているので時間があれば買うなり借りるなりして観てみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です