映画【最強のふたり】あらすじネタバレあり感想 感動の実話

映画【最強のふたり】    あらすじネタバレあり感想 感動の実話

スポンサーリンク

映画 最強のふたり 口コミでも高評価な作品。あらすじやネタバレ感想まとめてみました!!

・映画 最強のふたりとは? キャストやスタッフ

『映画 最強のふたり』とは親頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたフランス映画です。

フランスではかなりの公表かを得て、数多くの賞を受賞しました。

【キャスト】

フランソワ・クリュゼ

オマール・シー

アンヌ・ル・ニ

オドレイ・フルーロ

【スタッフ】

監督

エリック・トレダノ(フランス語版)

オリヴィエ・ナカシュ(フランス語版)

脚本

エリック・トレダノ

オリヴィエ・ナカシュ

製作

ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ(フランス語版)

ヤン・ゼノウ(フランス語版)

ローラン・ゼイトゥン(フランス語版)

映画での登場人物

映画に登場する人物の紹介です。多少のネタバレがありますのでご容赦ください。

フィリップ

この映画の主人公にして頸髄損傷の富豪で普段の移動では電動車いすを利用しています。堅物な性格のせいでこれまで雇った介護人は全員1週間ほどで逃げ出しています。

ドリス

もう一人の主人公でスラム街出身の黒人青年。失業保険を引き続き貰うために募集を受けるが意図せずにフィリップの介護人となります。

フィリップと違って不真面目な性格だが根は悪いわけではなく、相手が誰であろうといつもタメ口で話し、自分の正直な気持ちをぶつけます。

・あらすじ

今作のあらすじについて簡単に紹介します。

頸髄損傷を患っている富豪のフィリップは住み込みの新しい介護人を雇うため、失業保険を引き続き貰うために面接しに来たドリスを周囲の反対を押し切って雇います。

試用期間として1ヶ月間フィリップの介護人として働くことになったドリスは、仕事ぶりこそ少々雑だが、フィリップは自身を病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていきます。

働き始めて1ヶ月後ドリスはフィリップの信頼を得て本採用が決まり、ある晩2人で外食をしながらドリスはフィリップの体の障害や亡くなった妻の話を聞きます。

数日後、フィリップが文通相手の女性に出す手紙をマガリーに代筆して貰っていました。

そんなやり方をまどろっこしいと思っていたドリスは文通相手の電話番号を見つけて勝手に電話してしまい、仕方なく電話に出たフィリップは相手の女性と後日外で会う約束をします。

数日後、文通相手と会うために助手と2人で待ち合わせ場所に向かうフィリップだったが、その女性に自身の障害を知られて嫌われるのが怖くて思わずドタキャンしてしまう。

そしてドリスはフィリップと2人で飛行機で旅行に出かけ、プロの手を借りてパラグライダーでしばしの時間大空を舞ってから、フィリップの邸宅に戻ります。

そこへ問題を抱えたドリスの弟がやって来て兄に助けを求める姿を見てかつドリスの家庭事情を聞いたフィリップは、ドリスとの別れを決意します。

・ネタバレあり あらすじ

ここからはネタバレがありますのでそれが嫌な人は見ないでください。

フィリップと別れたドリスは新しい職場で懸命に働いていましたが反面フィリップは新しく雇った介護人と反りが合わず、ドリスとの日々を懐かしく思っていました。

そして介護人を拒んで部屋に閉じこもり、髭も剃らなくなってしまいました。

この事をフィリップのお手伝いさんから聞いたドリスは家へとやって来て、彼を車に乗せて海辺のおしゃれなレストランへと連れていきます。

そしてドリスは席を外すと代わりにかつて文通をしていて、会うのをドタキャンした女性・エレオノールがやって来ます。

彼女と会ったフィリップは嬉しそうにし、エレオノールもまた微笑むのです。

そんな2人を遠くから見ていたドリスはもうフィリップに自分は必要ないと悟って去るのでした。

・感想

私自身、3回は観ました!!友達や家族にもおすすめできる一作。

オープニングの音楽と迫力に惹きつけられました!ふざけあう二人がとても可愛くて微笑ましいです。実話ってところも感動する心暖まる映画!

どんな人にも平等に、そして支え合う事って大切なんだよな〜

・口コミ

口コミが沢山ありましたのでいくつか紹介していきます。

「何度観ても泣ける映画」

「人間っていいなと優しい気持ちになれる」

「素晴らしい作品でした」

「ハートフルでした」

「思わず映画を2回観てしまいました」

・受賞歴

この映画が受賞した賞を紹介します。

2011年 第24回東京国際映画祭

東京サクラグランプリ 受賞

最優秀男優賞 フランソワ・クリュゼ、オマール・シー受賞

2012年 第37回セザール賞

作品賞 ノミネート

監督賞 エリック・トレダノ

オリヴィエ・ナカシュ ノミネート

主演男優賞 フランソワ・クリュゼ ノミネート

主演男優賞 オマール・シー 受賞

助演女優賞 アンヌ・ル・ニ ノミネート

撮影賞 マチュー・ヴァドピエ ノミネート

脚本賞 エリック・トレダノ

オリヴィエ・ナカシュ ノミネート

編集賞 ドリアン・リガル=アンスー ノミネート

音響賞 Pascal Armant

Jean Goudier

Jean-Paul Hurier ノミネート

第17回リュミエール賞 最優秀男優賞 オマール・シー 受賞

グローブ・ドゥ・クリスタル賞  最優秀映画賞 受賞

最優秀男優賞 オマール・シー 受賞

フランス映画祭  観客賞  受賞

2013年 第36回日本アカデミー賞

最優秀外国作品賞 受賞

・まとめ

是非是非観ていただきたい一作です!!エンディングまで完璧ですので最後まで飽きずに楽しめると思います♪

この作品のDVDは既に発売及びレンタルしているので時間があれば買うなり借りるなりして観てみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です