映画【万引き家族】あらすじ・ネタバレあり感想 安藤サクラ圧巻の演技  

映画【万引き家族】    あらすじ・ネタバレあり感想 安藤サクラ 圧巻の演技 

スポンサーリンク

映画 万引き家族 カンヌ国際映画祭 パルム・ドールなど国内外の映画賞を総なめにした大注目の映画。感想や口コミなどまとめました。

・映画 万引き家族とは? 主なキャスト・スタッフ

『映画 万引き家族』とは親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の実際にあった事件をもとにした映画です。

多くのお客様が観に来てかなりの高評価を得た事で、国内国外で多くの賞を受賞しました。

【キャスト】

柴田治:リリー・フランキー

柴田信代:安藤サクラ

柴田亜紀:松岡茉優

4番さん:池松壮亮

柴田祥太:城桧吏

ゆり・りん・北条じゅり:佐々木みゆ

前園巧:高良健吾

宮部希衣:池脇千鶴

柴田初枝:樹木希林

【スタッフ】

監督 是枝裕和

脚本 是枝裕和

原案 是枝裕和

製作 石原隆 依田巽 中江康人

映画での登場人物

次に映画に登場する人物の紹介です。多少のネタバレがありますのでご容赦ください。

柴田治:リリー・フランキー

信代と結婚していて、日雇い労働者として働いています。

柴田信代:安藤サクラ

治と結婚した年若い妻。

クリーニング店工場のパート従業員として働いています。

柴田亜紀:松岡茉優

信代の妹で、JK見学店に勤務しています。

柴田祥太:城桧吏

治の息子で、彼と共に万引きをしています。

ゆり・りん・北条じゅり:佐々木みゆ

両親から虐待を受けていた少女で柴田家に保護されました。

柴田初枝:樹木希林

治の母で年金受給者です。

・あらすじ

東京の下町に暮らす日雇い労働者の柴田治はクリーニング工場で働く妻の信代、息子の祥太、JK見学店で働く信代の妹である亜紀、治の母である初枝と暮らしていました。

しかし、生活面はとても苦しかったので治と信代の給料、初枝の年金、治と祥太が行う万引きで生計を立てていましたがいつも笑顔が絶えませんでした。

ある冬の日、治は近所の団地で、ひとりの幼い女の子が震えているのを見つけ、見かねて連れて帰って夕食をご馳走すると少女はゆりと名乗ります。

ゆりを家へ帰しに行った治と信代でしたが家の中から子どもをめぐる喧嘩の声をした事、体中の傷跡からゆりの家族は児童虐待の疑いがあることを見つけた信代は亜紀の反対を押し切って、ゆりを柴田家の6人目の家族としました。

・ネタバレあり あらすじ

ここからはネタバレがありますのでそれが嫌な人は見ないでください。

程なくしてゆりの本当の名前は北条じゅりだと発覚し、治達は彼女の髪を切って祥太の妹であるりんにしました。

この頃、治は怪我をしましたが労災が降りず、完治した後は仕事をせずに祥太とりんと共に万引きをします。

初枝や信代も何らかの万引きに手を染めていて、亜紀以外は犯罪者となってしまいますがりんと柴田家の間には絆が育まれます。

夏になり、祥太はりんに駄菓子屋で万引きするように仕向けましたが店主に見つかり、お菓子を貰うと妹にこんな事をさせるなと言われます。

そして信代は職場をやめさせられ、初枝は理由をつけてお金を集めている頃、亜紀は自分が働いている店の常連である4番さんと仲良くしてました。

やがて初枝が亡くなると治と信代は遺体を埋めると年金の不正受給をし、初枝のへそくりも手に入れますが店主との一件から万引きに抵抗を覚えていた祥太は冷ややかな目で見てました。

そして祥太とりんは駄菓子屋に行くが店主は亡くなっており、次に行ったスーパーマーケットでりんは自ら万引きを行おうとしましたが、祥太ははわざと目立つようにみかんを盗って店員に追いかけられました。

やがて高所に追い詰められるとそこから飛び降り、足を負傷してしまったので病院送りとなりました。

この事がきっかけで亜紀以外の家族が逮捕され、取り調べの結果、柴田家全員が血の繋がりがない事が明らかになりました。

全ての罪を被った信代は刑に服し、りんは実家に送り返され、祥太は施設に送られ、治は一人暮らしをする事になりました。

1年後、祥太は立派に育ち、治は時折信代の元に行き、りんことじゅりは両親から虐待の日々を送りますが治と会った時の場所でただ遠くを眺めるのでした。

・感想や口コミ

【感想】

公開前からメディアにも大きく報じられ、大注目だったこの映画。現代社会の問題にもなっている虐待や犯罪、色々と考えさせられました。

なんだか懐かしくなる映像に、家族の日常を演じる役者陣がリアルすぎて見入ってしまいました。奥が深くて、いろんな家族の形があるなっと思いました。

法的には、許されない家族なんだろうけど、確かに愛はあって、幸せってなんなんだろうと考えさせられたかな、、。

【口コミ】

「役者の演技が良過ぎて思わず引き込まれた」

「本当の家族とは何なのかを考えされられる映画でした」

「芝居とは思えない生々しさを感じた」

「家族とは何なのかを教えられた」

「こんな家族関係なんて上手くいくはずがないと思いながらも、上手くいってほしいと思ってしまう自分がいる」

・まとめ

口コミや感想をまとめた結果、家族とは何なのかを考えさせられるような作品であり、俳優女優の演技に思わず心打たれた人が大勢いるという事になりました。

この作品のDVDは既に発売及びレンタルしているので時間があれば買うなり借りるなりして観てみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です