映画【告白】あらすじ・ネタバレあり感想 狂う生徒たち 

映画【告白】    あらすじ・ネタバレあり感想 狂う生徒たち 

スポンサーリンク

映画「告白」とは?主なキャスト・スタッフ

映画「告白」は、2010年の日本映画で、港かなえによる同名のベストセラー小説の映画化作品です。第34回日本アカデミー賞では4冠を達成しています。

少年犯罪や家庭内暴力、イジメなど、過激な内容や描写で映倫からR15+指定を受けていたことにより、キャストには15歳未満の者も多くおり、出演していたのに本作をみれていないという、変な感覚ですね。でもそれくらい影響力がある映画ということで、その気になる映画の内容について簡単に紹介していこうこと思います。

【キャスト】

森口裕子役:松たか子…シングルマザーの教師。

寺田良輝役:岡田将生…森口の代わりに来た担任。

下村優子役:木村佳乃…下村直樹の母親。

渡辺修哉役:西井幸人

下村直樹役:藤原薫

北原美月役:橋本愛

森口愛美役:芦田愛菜…森口の一人娘

桜宮正義役:山口馬木也

戸倉役:高橋努…森口の同僚教師。

【スタッフ】

監督・脚本 中島哲也

原作 湊かなえ

・あらすじ

娘を殺された中学校教師(森口)が復讐することを決め、クラスの生徒たちに衝撃の告白をします。

「私はこのクラスの生徒に娘を殺されました」

といいます。娘を殺した生徒は二人。エイズ感染の血液を殺した生徒の牛乳に混ぜたと嘘をつき、娘をころした生徒たちに命の重さを教える。

森口の告白からクラスは大きく変わり、娘を殺したとされる二人の生徒は苦悩することになります。森口は教師を辞め教室を去っていきます。

・ネタバレあり あらすじ

少年Aと少年Bはエイズ感染血液を混ぜられたことをきいて、とても混乱します。一人は登校拒否に、もう一人はいじめられることになります。

そして始業式。森口のあとにやってきた新任教師は、熱血教師で、生徒とどこか空回りしています。生徒の気持ちをうまく理解していません。

愛美が殺されたのは、世間から注目をあびたいという少年の思いから起こりました。大きな事件を起こせば母親にもう一度振り向いてくれると考えたのです。そして学校の体育館に爆弾を仕掛けました。

しかし森口は先読みをして、爆弾は少年の母親の職場に仕掛けなおされてしまい、爆破させてしまい少年に命の重さを教えた森口の復讐はおわりました。

・感想と口コミ

【感想】

とても日常的なような、非日常的なような、そして音楽やキャラクターの独特な雰囲気が怖い感じがあるように思えました。またこの映画を観る前と観た後では気持ち的に大きく影響を受けた気します。

小学生の軽はずみな行動で、やってはいけないこととがあるという気持ちにされました。小学生では大人に勝てないことがよくわかりました(笑)。

ただ森口自身も自分の子どもを殺されたことで、絶望して感情的になっていたんじゃないかと思うと、かわいそうな気持ちになりますし、つらいです。結果としてもつらい終わり方で、なにかと胸糞わるいと口コミで評価されているのがわかりました。

【口コミ】

「それぞれのキャラクターが変にリアリティがあり、自分勝手で恐ろしく感じました」

「良い意味で胸糞悪くて気持ち悪い作品」

「原作もいいし、映画もいい」

「いまどきの中1はこんなバカじゃない」

「つくり方が変わっていて、話の変化が楽しく見れます」

「中学生をここまで絶望のどん底に叩き落す映画はあとにも先にも告白しかない」

・まとめ

「告白」は映画としてもいいですが原作小説の評価もとてもたかいので、小説をみてないかたは一度小説をみてみるとよりいっそう深みが増しそうです。

また湊かなえさんの手がけるストーリーはとても影響力のあるものだと思いますので、今後もチェックしていきたいポイントですね!!

以上映画「告白」についてでした。とても影響力の強い映画なので、是非一度みてみてください。また興味を持ったら小説も読んでみるのをおすすめします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です