映画【翔んで埼玉】 あらすじ・ネタバレあり感想 千葉の英雄ジャガーさん登場

映画【翔んで埼玉】 あらすじ・ネタバレあり感想 千葉の英雄ジャガーさん登場

スポンサーリンク

映画 翔んで埼玉 公開され、じわじわと話題になったこの映画。とにかく全力で笑いたい時におすすめです!

・映画 翔んで埼玉 とは? キャスト・スタッフ

映画 翔んで埼玉は、「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化したものです。

【キャスト】

二階堂ふみ・壇ノ浦百美

GACKT・麻実麗

伊勢谷友介・阿久津翔

ブラザートム・菅原好海

麻生久美子・菅原真紀

島崎遥香・菅原愛海

成田凌・五十嵐春翔

間宮祥太朗・埼玉県人の青年

加藤諒・下川信男

益若つばさ・おかよ

中尾彬・壇ノ浦建造

武田久美子・壇ノ浦恵子

麿赤兒・西園寺宗十郎

竹中直人・神奈川県知事

京本政樹・埼玉デューク

JAGUAR・エンペラー千葉

【スタッフ】

監督・武内英樹

脚本・徳永友一

音楽・Face 2 fAKE

主題歌・はなわ

・あらすじ

かつて埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受け、身を潜めて暮らしていました。ある日、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美(だんのうらももみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗(あさみれい)と出会います。

互いに惹かれ合うも、実は麗が埼玉県出身だったと知る百美。そして、東京と埼玉の県境で引き裂かれる2人。まさに埼玉版「ロミオとジュリエット」とも呼べる愛の逃避行と、その中で埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの革命の物語です。

大都会東京から虐げられた埼玉が、自由を求めて徒党を組み戦うという原作の設定に、新たに“千葉”という対抗組織も用意。同じく東京から迫害を受けている埼玉と千葉が、どのように物語を形成していくのか……、相容れない土地に生まれた二人の間に芽生えた“愛”がどうなっていくのか……2つのテーマを携えた予測できないストーリー。

・ネタバレあり あらすじ

阿久津は都知事に仕える一方で、千葉の権利向上を目指して暗躍していたのです。阿久津は百美と麗を東京側に引き渡すことで、さらに自分たちの希望が叶うと考えています。

そこに割って入ったのが銀髪の剣士。彼こそが埼玉解放戦線の伝説的な指導者埼玉デュークでした。デュークたちの助けによって埼玉に逃げ延びた二人、しかし百美がサイタマラリヤに感染してしまいます。

デュークは血清のある都内へ密かに百美を届けますが、その道中で銃撃に遭います。

デューク死すの一報は、埼玉解放戦線に大きな動揺が走ります。さらにこれをチャンスと見た千葉解放戦線が攻め込んできます。何とか埼玉解放戦線を固めた麗がそれを迎え撃ちます。

決戦の夜、意外な人物が阿久津のもとに訪れます。

それは埼玉デュークと歴代都知事が闇通行手形販売という、悪どい商売で貯めこんだ金塊を発見した百美。

埼玉と千葉の共倒れさせることを考えて、都知事の狙いを知った麗と阿久津が同盟を組み都庁に攻め入った同盟軍は、勝利を手にしました。

・感想と口コミ

埼玉愛にあふれるような映画ですね!埼玉の人は見たくなるかもしれませんね!

埼玉県民じゃなくても、ギャグ満載でくだらないけど面白い作品で館内も笑いに包まれていました(笑)シンプルに笑いたい時にみる映画かな!埼玉県民じゃない私からすると、他の県も観たいな〜と思いました♪

ジャガーさん登場はずるい!!(笑)

【口コミ】

「ずっと笑ってた、楽しい映画としか言えない。地名を知ってるリアリティ、どこかフィクションと思えない感じが尚よかった。埼玉の人は絶対見るべきだとおもう。本当に人目気にせず笑える作品です。」

「埼玉ディスと見せかけて愛にあふれた映画。」

「男装の二階堂ふみも麗しくて素敵。Gacktはキャラが本人に寄せられていて、より面白くなってる。あと、加藤諒の違和感はんぱない。」

「幼小中と人格形成期に埼玉県に片足突っ込んでいたので知ってるネタも少なくなく沢山笑いました!!都庁のシーンの空撮は東京マラソンの映像?雑なCG?だったと思うのですがそれもネタなのか…?GACKTと伊勢谷友介の美しさ、二階堂ふみの華、それまでの過剰ロココとのバランスを取ったのか…?

THE商業映画ではありますが大衆にウケる(配役、脚本、原作)という意味では良作だと思います。麻生久美子綺麗!」

・まとめ

どうでしょうか?

映画 翔んで埼玉見たくなりましたでしょうか!

県のディスりあいもまた、面白いですね!埼玉民の人はもちろん見てください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です