映画【キングダム】 あらすじ・ネタバレあり感想 期待を裏切らなかった!!

映画【キングダム】 あらすじ・ネタバレあり感想 期待を裏切らなかった!!

スポンサーリンク

映画 キングダム 豪華キャストによる実写版!期待を裏切ることなく完璧な迫力満点の映画でした!!あらすじ・ネタバレあり・感想・口コミ まとめてみました!!

・キングダムとは?キャスト・スタッフ

キングダムとは、集英社から出版されている、作者、原泰久さんが書いている漫画です。それを実写映画にしたのが映画キングダムです。

【キャスト】

山﨑賢人 演じる信は大将軍を目指す戦争孤児で下僕だった少年です。意志を貫く頑強な心を持ちます。相手が格上でも比例して実力を底上げする天才です。

吉沢 亮 演じる嬴政は幼少時代を趙で育って、その際、趙人に憎悪の対象として虐げられていたため感覚が殆ど無く、他人を一切信用しない荒んだ性格です。

橋本環奈 演じる河了貂は山民族の一つ梟鳴(きゅうめい)族の末裔です。得物は南越の戦士ムタから譲り受けた吹き矢です。

長澤まさみ 演じる楊端和は山民族最大勢力の王兼秦国大将軍で、山民族からは「山界の死王」と呼ばれています。女性ながらその武力は山界一とされ、自ら先頭に立って統合していきます。

本郷奏多 演じる成蟜は政の異母弟です。崇高な存在であるという考えから、自らの血筋に誇りを持ち、臣下を道具の如く扱い、平民を鬱憤晴らしに虐殺するなど、子供ながら暴虐な性格です。

【スタッフ】

監督 佐藤信介

・あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代に「戦国七雄」と呼ばれる七大国【秦・燕・趙・斉・楚・韓・魏】が覇を競い、激しい戦いを繰り広げていました。

戦災孤児の信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいました。

そんなある日、漂は王都の大臣である昌文君(高嶋政宏)によって召し上げられ王宮行くことになりました。

信と漂は別々の道を歩むことになりました。

王宮では王の弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発しています。

戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋へたどり着き「お前に頼みたいことがある」そう言い血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。

「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる・・・。信!俺を天下に連れてってくれ・・・」

力尽きる漂。泣き叫ぶ信。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。たどり着いた先で、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった!?

死んだはずの漂がなぜ?

・ネタバレあり あらすじ

漂が信の目の前で力尽きるシーンはほぼ忠実に再現されており、特に信の「漂ー!」と叫びながら慟哭する場面は原作同様、涙なしには見れません。続いて信が嬴政と初めて対面するシーンでは、原作とは少し違い、まったく状況を知らない信が朱凶の登場で徐々に現状を把握していきます。

山の民と遭遇する場面では、先述したバジオウが山の民の言葉しか話さないのが違う点ですが、嬴政だけを連れて行く場面もなく、みんな一度に縄に繋がれて山の城へ連行されます。しかしそれ以外はすべてほぼ原作通りで、楊端和が登場するシーンはかなり忠実に再現されていました。

映画で王騎が登場するシーンは、まず昌文君の首を成蟜に差し出す場面と、クライマックスに現れて場を納めるシーンがあります。王騎のシーンは出来るだけ原作に近づけようという心遣いが感じられますが、クライマックスには魏興を一刀両断する代わりに大鉾を振り回して兵士を蹴散らす場面が加えられていました。その場には迫力を出すために風まで巻き起こす演出もあります。

・感想と口コミ

【感想】

個人的には、王騎将軍役を演じた、大沢たかおさん!ハマり役すぎて感動しました!アニメの実写版はいつも評価が厳しいですが、キングダムは納得のいく作品だったのではないでしょうか、漫画を知らない人も見に行って好きになり、漫画やアニメ見てみよう!となったに違いないです。

主題歌のONE OK ROCK 「WastedNights」の曲が最高にかっこいい!アクション映画とノリのいい曲はセットですね〜

【口コミ】

「原作知らない方でも面白いって思えるストーリー展開です。8万の兵のシーンの迫力やキャストの完成度の高さに惚れ惚れしました。続編もみたいです。是非映画館で見てほしい作品」

「面白かった!!原作はあまり知らないけどクオリティ高いと思う!!戦闘シーンも迫力あってかっこいいし、最後まで圧倒されました。そしてキャストの顔面偏差値高すぎ!!カッコイイし、キレイだしヤバすぎた!!続編お願いします。」

「面白い、早く続編が見たいです。ストーリー、キャスティング、演技、撮影地が中国、実写など良いところばかりだがひとつ残念であったのは戦闘シーンの迫力、怪物みたいのまで登場して大きく期待させられるので、ここはCGも駆使してロードオブザリのような迫力があったらな、、と」

・まとめ

どうでしょうか?映画キングダム見たいと思いましたか?大人気漫画が原作のキングダムは実写映画になっても面白いですね! 

ぜひ皆さん見て下さい!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です