『いだてん~東京オリムピック噺~』第22回「ヴィ―ナスの誕生」 ストーリーネタバレ&感想・考察

『いだてん~東京オリムピック噺~』第22回「ヴィ―ナスの誕生」 ストーリーネタバレ&感想・考察

スポンサーリンク

『いだてん~東京オリムピック噺~』第22回「ヴィ―ナスの誕生」 ストーリーネタバレ&感想・考察 まとめてみました!

アントワープ五輪での敗退から、指導者への道に転身した四三。赴任した東京府立第二高等女学校で女子スポーツの普及に務めようと躍起になって自分も走っていました。しかし、女子スポーツが、ようやく世間に認知されようとした時に金栗排除の機運が父兄間では盛り上がりを見せていたのでした。

【『いだてん』】第22回のストーリーネタバレ

女子スポーツ隆盛の予感

第二高等女子学校(通称:竹早)では、村田富江(黒島結菜)が槍投げを一投して以来、陸上競技への興味が高まってきました。放課後になると、増野シマ先生(杉崎 花)を先頭にグランドを走って周回、注目度も高まってきています。

その数は10人強。隊列を成して走る姿を見て四三(中村勘九郎)は感慨ひとしおです。

それをリードしていったのは村田でした。

彼女は播磨屋へ赴いてテニスウェアをオーダーしたのですが、足袋屋の大将の黒板幸作(三宅弘城)から、「今は足袋で忙しいから、自分でやんなよ。奥のミシンを自由に使っていいからさ」と言われるやチームメイトと揃いの「白のテニスウェア」を自作、その自前のユニフォームで大会に出場し、「華麗」だと賞賛されたのでした。

そればかりか、競技よりもコスチュームが注目されて雑誌で紹介されたりとマスコミからも注目を浴びていました。

彼女らは四三を親しみを込めて「パパ」と呼び、休日も四三の下宿に押しかけてははしゃいでいました。そのじゃれ合いを見て妻・スヤ(綾瀬はるか)が妬いたくらいですから(笑)。

そんな出入りが多い金栗(池部)家に、神妙な面持ちのシマが現れてスヤに相談したいと申し出てきました。

シマの懐妊に四三も感激!

シマは「自分は選手としても教員としても、まだまだ一人前ではなく何一つ功績を残していない」。それなのに、“妊娠した”と自分だけ喜んでいいものか? と悩んでいたのです。

スヤは「そげんこと、なか!」とシマに言い放ちました。

子供ばできて、喜ばん人がどこにおる」とも。

「そういえば金栗先生も、2階の物干しから『でかしたぁ~』と大声で叫んで大変でしたよ。最後は大家さんに水をかけられてやめましたけど」と、当時を思い出して笑っていました。

シマは播磨屋の向かいの家の2階に下宿していたので、その一部始終を見ていたのです。

そこへちょうど四三が帰ってきて、シマの事を告げると「でかしたぁ~」と叫んでいました。

赤ん坊は女の子で四三の長女と同い年です。実はスヤも妊娠していたのでした

岡山にいた世界レベルのアスリート

村田のテニスウェア人気のおかげか、全国から試合の申し込みもあって陸上競技よりも「テニス部」としての人気が高まっていました。

そうした中、岡山に遠征時に竹早は1セットも取れずに惨敗した試合がありました。対戦相手は岡山県高等女学校です。その試合に出場した人見絹枝(菅原小春)は、たぐいまれな運動能力で竹早を寄せ付けませんでした。

なかでも、シマが注目したのは絹枝の“足さばき”でした。ボールのスピードも段違いでしたが、足さばきが見事だったのです。試合後、「卒業したら東京に出てきて本格的に陸上をやらないか」とシマは誘いました。

四三も来賓扱いで面会に来て、いきなり脚を触ろうとしますが絹枝に金的を蹴られて悶絶してしまいました。レディのオミアシに断りもなく触れようとした四三が悪いのですが、すらりと伸びた脚はシマが見た通りに“陸上向き”だったのです。

しかし絹枝は「本が好きなので、文学部へ行きます」と言い、それ以上は取り合いませんでした。

その頃の孝蔵は?

上野・鈴本演芸場の席亭からの推挙で、孝蔵は真打ちへと昇進します。しかし、相変わらずの体たらくでお祝いにもらった羽織・袴のワンセットを質入れしてしまう始末。

今度は見かねた小梅(橋本 愛)が見合い話を持ってきました。この人が「おかみさん」と慕われる「おりん」でした。それで孝蔵の生活が変わったかというと、そうでもなく相変わらずと言えば相変わらずでしたが。

劇中では「おりんぴっく噺」ではなく「おりん噺」とオチをつけていた次第でして…。

事件は女子陸上大会から始まった

女子陸上流行の追い風が吹くなか、第1回女子陸上大会が開催されました。このハードル競争を前にして、シューズが合わなくて村田はしゃがみ込んでしまいます。

それでも、タイツと靴下を脱ぎ捨てて素足に直接シューズを履いて出場した村田は見事勝利を収めました。

だが、このあとがいけなかった!

この時の腿をあらわにしてハードルを飛び越える時や素足でいる時の写真が、街頭で売られていたのです。浅草で売っていたのは美川(勝地 涼)でした!

その写真を見た村田の父・大作(板尾創路)は竹早に怒鳴り込んできます。そして、四三退職の署名を集めて嘆願書として提出しました。

その話しを教室で聞いた村田は、机をバリケードにして仲間たちと立てこもりました。

「金栗先生を辞めさせるな―」と皆、大声で訴えています。

そこに四三本人が現れて……、今週はここまでです。

【『いだてん』】第22回の感想・考察

大河ドラマで近代モノをやると、話しが身近になるから私的には好きなんですよね。今回出てきた、日本初の女性五輪出場選手の人見絹枝然りです。

史実を調べてみると、のちに二階堂トクヨにも師事していて、ますます彼女について知りたくなった次第です。

それにしても、あの人見のサーブは凄かったですよね。村田も東京では敵なしだったんだろうけど、レベルが違ってましたよ。

そして、ストイックな姿勢がいいんですよ。スピンオフを、ぜひ作ってもらいたい逸材なのではないでしょうか。

【『いだてん』】第22回のまとめ

もうすぐ第1部の四三編が終わります。時代設定まで違えて作る2部構成がどんなモノなのか、早くも楽しみです。

四三は現役を退き、孝蔵も真打ちへ。時代が着実に流れているのを感じさせる展開ですよね。

第2部の田畑政治編は言うならば“事務方”メインですから、選手の活躍を楽しみたいならあと僅かしかありませんよ。お見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です