『歌舞伎町弁護人 凛花』第8話「犯された風俗嬢!その一途な愛」ストーリーネタバレ&感想・考察

『歌舞伎町弁護人 凛花』第8話「犯された風俗嬢!その一途な愛」ストーリーネタバレ&感想・考察

スポンサーリンク

『歌舞伎町弁護人 凛花』第8話「犯された風俗嬢!その一途な愛」のストーリーネタバレ&感想・考察 まとめてみました!

ソープ嬢がレイプされた! 相手を告訴したいと被害者の栞は美鈴弁護士事務所へ相談にきました。ところが、相手側の弁護士からの妨害工作に凜花は悩み…。「女性の敵」に一矢報いたいという思いから、凜花たちも黙っているわけにはいきませんでした!

【『歌舞伎町弁護人 凛花』】第8話のストーリーネタバレ

被害者は馴染みのソープ嬢

現役ソープ嬢の相沢 栞(川菜美鈴)が、「レイプされた」と美鈴弁護士事務所の美鈴凜花(朝倉あき)へ相談に来ました。

場所を行きつけのバー「しのぶ」に移してイソ弁の蘭(山地まり)、所員の牛島(武田航平)とともに詳しく話しを聞くと、馴染みの客に閉店後に食事に誘われて、ついて行った先のパブの店内で無理矢理にセックスをされたんだと言うのです!。

加害者は自称eスポーツの選手・芝崎直人(遊佐亮介)でした。

ここまで分かっていながら凜花は「起訴すると法廷でいろいろ聞かれたり、いやらしい質問もある」と“セカンドレイプ”の危険性が十分にある事を説明しました。ソープ嬢という職業に偏見を持つ人たちの、好奇の視線にさらされるのも危惧していたのです。

それでも栞は「やります」と決意は固いようでした。

芝崎のとんでもない言い分

牛島の調べたところによると、芝崎は自称「eスポーツ」の選手との事ですが賞金は0円。つまり実績のともなわない“ただのゲーマー”です。2次元の世界に浸り込んで、生身の人の気持ちなどは微塵も分からないのでした。

今回も凜花から「刑事事件として訴えたうえで、民事で損害賠償を請求する」と凜花が宣告しに行っても何の事だか意味が分かっていない模様。

いつも店の中でヤッているのに、なんで外じゃダメなんだ?

と罪の意識は全くありませんでした。

それどころか、今度は栞の部屋の近所で待ち伏せていて再び「ビジネス外での」関係を迫ってきたくらいです。

その芝崎が、なぜソープに通えるかというと親の脛をかじっていているから。その親というのが“区議会のドン”と呼ばれる政治家で、甘やかされていたのが芝崎の実態でした。

その議員のコネで弁護士・檜山憲一(西沢仁太)を雇いました。そして、栞の職場に客として接触させます。そこで、裁判をした場合の栞の不利益を説いたのです。

栞には結婚の約束をした同郷の青年・シンちゃんがいました。「借金を返したら、2人で福島へ帰ろう」と、約束しているのだそうです。そのシンちゃんにだけは、「今回のレイプの件は知られたくない」と言う栞のためにも、凜花は何とかしてあげようと決意を新たにしたのでした。

「レイプ現場の謎」を解く!

犯行があったパブ「バンバンバニー」に凜花と牛島は偵察に行きます。

時刻はレイプが行われていた22時、店内はなかなかの盛況ぶりを見せていました。

こんなにお客が入っている時間に、店内でレイプするのはおかしい!」と感じた凜花はこの店を徹底的に調べてみる事に。

すると、ビル全体が“区議会のドン”の持ち物で、バンバンバニーのオーナーは芝崎だった事が分かりました。さらに蘭が近所で聞き込んできたところによると、犯行のあった晩は21時から「貸し切り」の看板が出ていたという証言も掴んでいます。

「今頃、店長は自首しているでしょうね」

と、凜花が檜山のオフィスで芝崎もまじえて話していると、そこに警察が令状を踏み込んできます。芝崎は檜山弁護士に「何とかしろ!」と叫んでいましたが、力のない声で「逮捕されてしまっては、法廷で弁護するしか(ありません)」と肩を落としています。

こうしてレイプ事件は解決しました。

栞は事件の事をシンちゃんに話したところ、「本当の事を話してくれて、ありがとう」と、優しく受け入れてくれたそうです。

「運命の男(ひと)か…」

凛花は遠い日を見るような目で視線を中空にさまよわせていました。

【『歌舞伎町弁護人 凛花』】第8話の感想

ソープ嬢と言われても、ピンとこない視聴者が多いご時世になったんですかね。風俗の中でもソープ嬢=「稼げるオンナの代名詞」、と呼ばれていた時代が懐かしいっス。

特に被害者をソープ嬢にした意図がイマイチ不明ですが「歌舞伎町~」というタイトルだから、それっぽく見せるためなのかな?

ただ職業が何であれ、強姦・準強姦、暴行が絡んでいるのだったら、ちゃんと病院で診てもらわなきゃダメですよ。尺の問題があるのなら、その病院帰りに“何かが起こって”もいいとは思うんですけどね。もうひとヒネリ欲しいところでした。

今話は蘭の活躍の場がなかったですから、来週は期待してもいいみたいですよ。予告編では、先週よりも露出があるようでしたから。非常に楽しみデス!

【『歌舞伎町弁護人 凛花』】第8話のまとめ

ソープ店内の描写では、ちゃんとバスタブ(それもゴールド)に湯を張っていたり、エアマットを立てかけてたりと、気を遣ってましたね。

テレビでは竹下恵子主演の『モモ子シリーズ1~8』(1982年~1997年。TBS)が限界っぽい(現在では「倫理上」の問題で自主規制しちゃいそうですがw)ですから、よくやってはいる方だとは思いますが。

『夜に抱かれて』(日本テレビ)や『お水の花道』(フジテレビ)らのように、夜の世界の“通俗史”的な番組になってくれればいいなぁ、と切望した回でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です