『いだてん~東京オリムピック噺~』第21回「櫻の園」あらすじネタバレ&感想・考察

『いだてん~東京オリムピック噺~』第21回「櫻の園」あらすじネタバレ&感想・考察

スポンサーリンク

『いだてん~東京オリムピック噺~』第21回「櫻の園」あらすじネタバレ&感想・考察

アントワープ五輪・マラソン競技で16位と惨敗した四三は、視察という名目で欧州を放浪します。選手としてのピークを過ぎた四三は、絶望の淵に立ちながらも“次の道”を見つけたのでした!

【『いだてん』】第21回のあらすじネタバレ

スヤの待つ浅草・播磨屋へ帰る!

東京高等師範学校を卒業後も教壇に立ったり、就職したりもしないでマラソンに打ち込んできた金栗四三(中村勘九郎)。気力、体力、そして練習法も充実して「次こそは金メダルを!」とストックホルム五輪(スウェーデン)の雪辱に燃えていました。

それが第1次世界大戦によってベルリン五輪(ドイツ)は中止に。

しかし、“走る事”への情熱を失わずに、四三は東海道リレーマラソン、日光~東京間、箱根駅伝と新しい競走を開拓していきます。

そうこうしながら、ついにストックホルム五輪から8年。大正9年にアントワープ(ベルギー)での五輪開催が決まり、マラソン選手として大会に臨んだのでした。

ところが、ランナーとしてのピークを過ぎていた四三は16位と惨敗(本当は立派な成績だと思いますが)、失意のもとに大会を終えました。

下宿先の足袋屋は「播磨屋製作所」と名称を変えていて四三を驚かせましたが、「高師(東京高等師範学校)以外からも、注文がきてるんだよ」と主人・黒板幸作(三宅弘城)は嬉しそうでした。

そして、四三をもっと驚かせたのは2階の四三の部屋に妻・スヤ(綾瀬はるか)が待っていたのです。

「オリンピックも終わった事ですし、熊本へ帰りましょう」と息子の正明を連れて迎えに来ていたのです!

女子スポーツの指導者として

四三は欧州を放浪している時に、珍しい光景を目にします。

それは、芝生のフィールドで各陸上競技に励む女子選手の一団でした。

彼女らは短距離走だけではなく、ほかの競技にもグループに分かれて練習していました。

そのなかの「槍投げ」をしている選手から放たれた槍が四三の目前に刺さりました。これが、結構な距離だった事にビックリする四三でしたが、フィールド内で練習しているのが全員女子なのにもカルチャーショックを受けた様子でした。

目標を見失っていた四三に、新たなる「女子選手の育成」という目標が掲げられた瞬間でしたねぇ。

この一件を帰国後すぐに恩師である加納治五郎(役所広司)に話すと、いまいちピンッと来ていないようです。それでも、四三の精神的な復活にはいたく喜んでくれていました。

四三は新たに東京府立第二高等女学校に教員の職を得て、本格的に女子スポーツに取り組む覚悟をしたのでした。

ただ問題なのは、「引退したら親子水いらずで暮らせると思うとった…」と強く迫ってきたスヤでした。「熊本でも、女子教育はできるでしょう」と火の国の女だけに気性が激しいです。

それでも四三が「東京で3人で暮らすばい」と、今度は単身赴任ではないという事を意思表明。「親子で暮らそう」と言ったのが効いたらしく、文句は言わなくなります。「これがクドカン流の女心の表現か」と感心したとともに、スヤの可愛らしさを上手く表現していましたね。

「スローな『くそったれ!』にしてくれ」(クドカン風タイトルのマネをしてみましたw)

こうして指導者(本当は地理と世界史の先生)となった四三は、欧米の女性と日本女性の体型・体格の違いを図解しました。その授業に対しては「はしたない」との悪評しきり。

三島家の女中時代から知っていて、現在は四三と同僚のシマ(杉咲 花)からきつ~く女子教育のレクチャーを受けた程でした。

「ごきげんよう」が挨拶で、「女学校は縁談が決まったら中退するもの」という考えが校内外に蔓延している中で、四三は放課後の校庭で参加者を待ちます。

それでも誰にも見向きもされません。たまたま下校するために歩いて来た一団に「俺の顔を立てると思って、投げてくれ」と槍を渡しました。

するとリーダー的存在の村田富江(黒島結菜)は、黒髪を解いてから、和装をタスキがけして投げる気満々。四三は欧州では、「なんか、叫びながら投げよったばい」とアドバイスすると、

くそったれー

と叫びながら富江の槍は飛んでいったのでした。

この行動に触発されて、生徒の参加者は増えていったのです。

こんな生徒たちの姿を見て、シマは黙っているわけはありません。播磨屋であつらえた体操服を着て、グランドを走り出しました。

じつはこの頃、シマには結婚を考えていた男性がいました。恩師・二階堂(寺島しのぶ)の身代わりで会った「お見合い」の男性がその人です。

それが、このような行動に出たという事はシマは「お見合い」の男性との結婚はあきらめたのです。見合いのあとも、会っていたりして「イイ感じ」だったのに、、「五輪に出たい!」という願いをかなえるための苦渋の決断でした。

ところが、のちにシマの夫となる増野(柄本佑)は、当時の男性には珍しく結婚しても仕事は続けていいという思考の持ち主でした。

シマが学生時代から密かにマラソンのトレーニングをしているのも知っていて「五輪に出たら、子供と一緒に応援に行く」とまで言っていくれたのです!

こうして大正10年、増野とシマは結婚します。仲人は池辺(金栗)四三・スヤ夫妻でした。

【『いだてん』】第21回の感想

富江が槍投げをした時に発した「くそったれー」には、どんな想いが込められていたのでしょうか?

「女性は家庭に入って、家を守る」という大義名分のもと、いろいろな可能性を閉ざされていた事への憤りや抑圧がそうさせたのかも知れませんね。

そこで当コラムの最終章を「Throwな」とthrow=(ビールや槍を)投げる、にかけてクドカンみたいにしてみた次第です(爆)。昔の曲目をタイトルにしていますから。元となった曲は南 佳孝の「スローなブギにしてくれ」です。

志ん生の方は、孝蔵(のちの志ん生)がやっと帰京してみると、車夫の清(峯田和伸)と小梅(橋本 愛)が所帯を持ったというくらいで動きがなかったですね。次週は見合話があるみたいなので、楽しみ!

【『いだてん』】第21回のまとめ

今週は、四三が指導者としての道を歩き出した記念すべき回でした。それも女子スポーツに目を向けたというのがミソ。バレーボール、体操など、のちに隆盛を誇る日本女子の原点がここにあったという事。

よくよく観てみると、いい話しが詰まっている回だったと言えますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です